社会主義の危険性を暴露する大紀元、米国で好評

拡大画像を見る

社会主義の危険性を暴露し続けてきた大紀元が今、米国で好評を博している。大紀元記者による専門的な分析記事はSNS上で大きな話題を呼び、共産主義の本質を暴露した特別報道は愛国者たちの必読の書となりつつある。先日、大紀元は世界最大級の保守派会議に出席し、多くの重鎮を取材した。トランプ大統領も臨席し、2時間に及ぶ即興演説を行った。


世界最大級の保守派会議CPAC


「アメリカは決して社会主義国家になることはない」トランプ大統領は3月2日、アメリカ保守政治行動会議(CPAC)で力強く演説した。保守政治行動会議(Conservative Political Action Conference,CPAC)は世界最大級の保守派の活動であり、参加者2万人、メディア露出7千件を誇る一大イベントだ。大統領・ペンス米副大統領や閣僚、共和党議員を含む357人の保守派重鎮も演説を行った。


CPACの今期の焦点の一つが「社会主義に対抗する」ことだ。アメリカ社会の分断は共和党と民主党の対立によるものではなく、伝統的理念と共産主義思想の対立に起因しているという認識が、米国内で広がっている。


大紀元の特別報道「悪魔がこの世界を統治している」および「アメリカの復興」は会場で人気を博した。百人近い大物参加者が大紀元と新唐人テレビの独占取材を受け、約74万人が大紀元の中継報道を視聴した。


大紀元・新唐人メディアグループの唐忠総裁は自らチームを率いてCPAC会議に出席した。唐忠氏は、今期の会議では大紀元に対する支持と期待を感じることができたと話した。また、アメリカ大統領や議員、企業家、一般国民に至るアメリカ社会の広範囲に大紀元が受け入れられていることも分かった。




アメリカ保守連盟主任Dan Schneider氏(左)と大紀元・新唐人メディアグループの唐忠総裁(右)(Samira Bouaou/大紀元)

2017年1月から大紀元と新唐人は共産党の真相を暴露する新たな特別報道を発表し始めた。「共産党に関する九つの評論」編集部による社論「共産主義の最終目的」と「悪魔がこの世界を統治している」は共産主義と社会主義の本質を系統立てて暴露した。まもなく、アメリカ政府とアメリカ国民は共産主義と中国共産党の危険性に気付き、迅速に行動を始めた。唐忠総裁は、これは世界の潮流であるとの見方を示した。そして大紀元は再び時代を先取りし、この潮流を導いているとも話した。「大紀元は、思想・理念・信仰を持った人々によって構成され、真に人類の未来を考え、伝統的価値観にのっとり、真実の報道を行っている、今日の世界において貴重な存在だ」


CPACで社会主義の危険性を暴く大紀元


CPACの会議において、トランプ大統領は2時間に及ぶ即興演説を行い、新記録を打ち立てた。その中で大統領は14回に渡り「中国」について言及し、関税や製造業の移転問題、アメリカへの出産渡航についても触れた。


トランプ大統領は、社会主義の華麗な偽装の裏側には政権奪取と独裁統治という目標しかないと警鐘を鳴らした。そして、アメリカは決して社会主義国家になることはないと強調した。




アメリカ保守派の会合CPACに出席したトランプ大統領(Samira Bouaou/大紀元)

今期の会議では、共産主義的思想がアメリカ社会に与える危害や、中国共産党が世界の安全に与える脅威が議論の中心となった。現に、中国共産党は5G技術を世界に輸出することで情報通信をコントロールしようと画策している。


こうした状況のもと、大紀元の社論「悪魔がこの世界を統治している」の英語版は会議で好評を博した。「悪魔がこの世界を統治している」は全世界に展開する共産主義の実情を暴露したものであり、「共産党に関する九つの評論」と「共産主義の最終目的」に次ぐ大紀元の力作だ。


大紀元ベテラン記者のジョシュア・フィリップ氏は中国共産党による海外浸透工作を研究する専門家として、会場で十数社のメディアによる取材を受けた。フィリップ氏は中国共産党によるスパイ活動や共産主義の浸透工作、そして中国共産党による自国民の弾圧について話した。




取材を受ける大紀元のジョシュア・フィリップ記者(スクリーンショット)

フィリップ記者によると、保守派の人々は共産主義の話題に関心を持っているが、その経済的特徴のみに注目し、隠された真の目的に気づかないことが多い。共産主義の本当の目的は伝統的価値観や家庭倫理、そして社会全体を破壊することに他ならない。共産主義は真の目的をうまく偽装しつつ、アメリカに浸透してきた。一部の大企業や利益集団の影響の下、メディアは重い話題を避けて軽い話題を報じるようになった。しかし「ひとたび人々が真相を聞く機会を得ることができれば、彼らはすぐにわかるでしょう」とフィリップ記者は話した。




大紀元がCPACの会場に設置した取材ブース(林楽予/大紀元)

称賛を受ける大紀元の独占取材


CPAC期間中、大紀元はアメリカ閣僚や国会議員などの重量級人物に独占取材を行った。話題は広範囲に及び、伝統的価値観や国境問題、朝鮮半島問題、社会主義の蔓延、フェイクニュース、フェイスブックの個人情報漏えい問題などに触れた。


今年1月の開始以来、大紀元の英語番組「アメリカの思想リーダー(American Thought Leader)」は50日間で80件の独占取材を放送した。取材を受けた人物にはアメリカ合衆国住宅都市開発長官ベン・カーソン(Ben Carson)氏やポーランド外務長官Anna Maria Anders氏、米国会議員、トランプ大統領選挙チーム顧問などが含まれている。


トランプ大統領の選挙対策チーム顧問Jeff Ballabon氏は大紀元の取材を受け、「大紀元は よくやっている。真実を報じるメディアだ。このようなメディアはかなり少なくなっている」とツイートした。




大紀元の取材を受けるトランプ大統領の選挙対策チーム顧問Jeff Ballabon氏(スクリーンショット)

米国会議員のJim Banks氏は大紀元の取材を受け、大紀元記者Jan Jekielek氏と良い時間を過ごしたとツイートした。




米国会議員Jim Banks氏(左)と大紀元総裁唐忠氏(右)(大紀元)

読者から支持される大紀元


大紀元の特別報道「アメリカの復興」はCPACで好評を博した。英語大紀元発行責任者Teresa You氏によると、「アメリカの復興」以外にも、「社会主義はいかにして私たちの生活に浸透したか」や「華為」、「連邦債務経済」、「父母の道」、「指導力」といった特別報道も大きな反響を呼び、アメリカ中から購読申し込みの電話がかかって来た。さらにカナダやオーストラリアからも購読の申し込みが相次いだ。




カリフォルニア州からきたRobert Waltersさんは大紀元の忠実な読者で、彼の隣人や友人たちの多くも大紀元を購読している(林楽予/大紀元)



カリフォルニア大学のHayden Williamsさんは大紀元特別報道「悪魔がこの世を統治している」の愛読者だ。彼はトランプ大統領の演説の時に登壇しスピーチを行った(林楽予/大紀元)

大紀元のコラムニストJeff Carlson氏は独自取材を行うことで「スパイゲート(Spygate)」について継続的に報道している。また、記者のCharlotte Cuthbertson氏はアメリカとメキシコの国境で不法移民の問題に関する追跡取材を行った。さらに投資銀行出身の金融記者Emel Akan氏はアメリカの経済政策を専門的見地から解析した。これらの報道はSNS上で大きな話題を呼んだ。




大紀元は英語メディアの中で20位に躍り出た(Newswhip/大紀元)

ニュースサイト分析サイトNewswhipの1月号の統計によると、フェイスブック上におけるアクティビティでは英語大紀元は全英語ニュースサイト中12位だった。また一つの記事あたりのアクティビティは9位だった。現在、英語大紀元の新聞は全米で購読することができる。また、ニューヨークやサンフランシスコ、ヒューストンなどには販売拠点もある。


(翻訳編集・文亮)

  • 3/15 21:48
  • 大紀元

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • ヤン中佐

    3/16 8:31

    相手の悪い所と自分の良い所だけを比較する無意味な記事。どんな政体だろうが運営する人間の問題ということを理解していないガキの戯言。ムーの劣化版みたいな大紀元やトカナはこの程度なんだろうな(笑)

記事の無断転載を禁じます