川島海荷が「疑うかもしれない」告白とは? 自身の恋愛観を明かす

拡大画像を見る

女優の川島海荷らが14日、都内で行われたdTVオリジナル番組『FHIT MUSIC♪ ~倉木麻衣~』の配信記念イベントに出席した。

同番組は、アーティスト本人がフルサイズで歌唱する映像と、その楽曲の歌詞や世界観を基に書き下ろされたドラマが交錯する新感覚番組で、今回は倉木の5曲を基にドラマ化。川島演じる大学4年生の凪子は、1年生の頃から仲良し男女4人組が四角関係へと変わっていく中で、気持ちが揺れ動いていく。

この日は、川島をはじめ、原案で主題歌を担当した倉木麻衣、凪子の親友・ユリカ役の井上理香子(フェアリーズ)、凪子が思いを寄せていた大輝役の兵頭功海、凪子らの行きつけの居酒屋店員役のTAIHEI(First place)が登壇。川島は、「倉木さんの曲にドラマを乗せて、新しいドラマができたと思っています」と胸を張り、「今までの普通のドラマではなくて選択できるドラマは新しい」と物語の展開が視聴者の選択に委ねられているシステムについても言及した。

「初めてのことを一緒にやらせてもらえるのはすごくうれしい」「何より私自身、恋愛ものの作品があまりないので、ちょっとドキドキしました」と笑顔を見せる川島。イベントでは、恋愛にまつわる問題を2択で答えるコーナーがあり、「今まで友達だと思っていた異性が途中から恋愛対象になることは?」の質問には「A:恋愛対象になるかも」を選び、「もともと友達だった人とかの方が、素をさらけ出していたりして、何かをきっかけに変わったりするんじゃないかと思います」と推測。

さらに、「片思いだった相手が親友と別れ、告白してきたら?」には、迷わず「B:付き合わない」。その理由について、「まず、親友って分かっているのに告白してくる相手を1回、疑うかもしれないです。私の思っていた人と違う……? ちょっと考えちゃうかもしれないです」と明かして周囲を納得させていた。

関連リンク

  • 3/15 12:44
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます