中居正広、やはりジャニーズ退所!? 2つの新番組に「2クール打ち切り」説

拡大画像を見る

 元SMAPの中居正広(46)がMCを務める『ナカイの窓』(日本テレビ系)と『中居正広の身になる図書館』(テレビ朝日系)が3月いっぱいで終了することが明らかになり、日本テレビとテレビ朝日は終了する2番組に代わる、中居の冠番組を用意していることを発表した。

 日本テレビでは、現在月曜日から木曜日の午後11時59分から放送されている、深夜エンタメ枠「プラチナイト」を金曜日に増枠し、中居がその金曜日枠を担当することになる。関係者によれば新番組は、中居がMCを務めるバラエティになる予定で、内容は現在調整中だという。

 テレビ朝日の新番組は、芸能ニュースや社会事件を取り上げるワイドショーに決まったという。新番組は、土曜日の午後帯の放送予定で、前日の金曜日に収録することになるそう。中居が盟友として慕う、ダウンタウンの松本人志(55)が出演する『ワイドナショー』(フジテレビ系)も金曜日収録で日曜日放送ということから、中居と松本が1日違いでワイドショー対決をすることになる。

 準備が順調に進んでいるように思える中居の2つの新番組。だが、放送作家はこう話すのだ。

「4月から2番組がスタートしますが、実はどちらの番組関係者も“中居さんサイドと夏までの話しかできていない”というんです。中居は6月までにジャニーズ事務所と来年度の契約について話し合うことになっており、更改しない場合は9月で契約が切れることになります。今回スタートする新番組について、夏以降の話をしていない、というので引っかかるのはそこですね。中居がもう退所を心に決めていた場合、番組側と9月以降の話をするわけにはいかないでしょう。そうした事情もあり、“どちらの番組も4月期と7月期のツークールで終わらせるつもりなのでは……”と、ささやかれているんです」

 そんな最中、3月12日発売の『女性自身』(光文社)では、その中居が3月に入ってすぐ「事務所に残る」と、ジャニーズ事務所に伝えたことを報じている。

「6月を待たずして残留を表明したとのこと。『女性自身』は親ジャニーズメディアですし、この報道の確度は高いと思いますよ」(芸能記者)

 ということは、番組制作スタッフとの先の話し合いがないのは、偶然か、もしくは直近の番組内容に集中しているだけなのかもしれない。だが、前出の芸能記者はまだ気になることがあるという。現在、芸能記者の間で盛り上がりを見せているという、「大物芸能人が引退をするかもしれない」噂についてだ。

「ベテラン芸能デスクがネットの配信番組で流した情報です。そのデスクいわく、その芸能人は“引退しても今後の人生やっていける金銭面のメドがついた”とか“芸能界にほとほと嫌気がさしたので裏方に回ることもない”と周囲に語っているそうで、タイミング的に“中居のことでは”という声が多く上がっているんです。“裏方に回らない”という話が出たのも、昨年いっぱいで芸能界を引退し、ジャニーズJr.の育成やプロデューサーに専念している滝沢秀明(36)を引き合いに出している可能性が高いですから」(芸能記者)

 出ては消えてを繰り返す、中居正広のジャニーズ退所疑惑。『女性自身』の“残留報道”はファンにとっては心強いはずだが、まだ今後も動きはあるのだろうか……!?

関連リンク

  • 3/15 7:10
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5

記事の無断転載を禁じます