まるで海外のような街並み♡異国情緒が溢れるスポットはここ

拡大画像を見る

長崎と聞いてオランダや中華街が思い浮かぶ方も多いのでは?長崎は何と言っても異国情緒溢れる街。しかし!観光スポットを世界遺産と繋げると、もっと長崎を堪能できます。いつもと違う目線で長崎を見てみましょう!


長崎市内の世界遺産



長崎には世界遺産に構成される場所が2つあります。
1つ目はグラバー邸や軍艦島(ぐんかんじま)などで構成される「明治日本の産業革命遺産 製鉄・鉄鋼、造船、石炭産業」、2つ目は大浦天主堂(おおうらてんしゅどう)などの潜伏キリシタン遺跡で構成される「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」です。(※“長崎市公式観光サイト”参照)
世界遺産を知ればもっと長崎を好きになるはず!!


グラバー邸




グラバー邸は、明治日本の産業革命遺産の構成遺産です。
グラバー邸のあるグラバー園は、この他にもオルト邸、リンガー邸などの邸宅があります。これらは移築されてきたものですが、幕末から明治へと大きく変わる時代を現代へ伝えています。
また、夜間営業も期間限定で開園しているので、昼間とは一味違い、ライトアップされた美しい邸宅を見学できますよ!

グラバーの住宅は、英国コロニアル様式と日本の伝統的な建築技術が融合しています。
幕末の武士をかくまったとされる隠し部屋もあり、当時の危機迫る臨場感を味わうことも!


<スポット情報>
グラバー園
住所: 長崎県長崎市南山手町8-1
電話: 095-822-8223


見つけたら幸せになれるかも?ハートの石♡



グラバー園にはハートの形をした石が隠されています!
見つけたら幸せになれるかも?


大浦天主堂



大浦天主堂は、長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産群の構成遺産です。ここは長いキリシタン弾圧の中信仰を守ってきたキリシタンの奇跡が起きたとされる場所です。


<スポット情報>
大浦天主堂
住所: 長崎県長崎市南山手町5-3
電話: 095-823-2628


世界遺産から長崎を見ていかがでしたか?知れば知るほど長崎が楽しくなります。
いつもと違う長崎を見に出かけてみましょう!!

関連リンク

  • 3/13 11:00
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます