山口紗弥加、自分が壊れていく…役を引きずった悲劇「よく覚えてない」

拡大画像を見る

 女優の山口紗弥加が19日放送のバラエティ番組『グータンヌーボ2』(カンテレ系/毎週火曜24時25分)に出演。過去に出演したドラマで演じた役柄を、撮影後も引きずってしまったために起きた“悲劇”を明かした。
 『グータンヌーボ2』は女優の長谷川京子、フリーアナウンサーの田中みな実、モデルでタレントの滝沢カレン、そして西野七瀬の4人がMCを務めるガールズトークバラエティ。MC陣の中から毎週1人が女性ゲストとともにロケを行い、恋愛観やライフスタイルについてトークを展開していく。

 この日のロケにはMCの田中を始め、山口と女優でモデルの片瀬那奈が登場。3人によるトークが始まると田中は「役柄って乗り移るっていうかプライベートでも引きずりますか?」と質問。すると山口は「引きずってんのか引きずってないのかよくわかんないんだよな~」と回答。

 片瀬は「私はまったく(引きずらない)」と一言。ただ片瀬は2006年に出演したドラマ『小早川伸木の恋』で唐沢寿明演じる主人公の妻・妙子を演じた際に「一日中朝から晩まで喧嘩して怒って泣いて、物壊してみたいなのをずってやってたから…」と語ると、撮影後、自宅に帰っても役のことばかり考えていたことを明かした。

 片瀬のエピソードを聞いた山口は「なるよね」と同意すると「自分が壊れていく役をやった時に1回だけ自宅で床置きのとても大事にしてた球体の照明があったんだけど、それを蹴り割ってて…」と話すと、それを聞いた片瀬が口をポカーンと開けて驚愕の表情に。山口は続けて「蹴るまでよく覚えてないんだけど、気がついたら割れちゃってて、“あ~そうだ、いま私蹴ったわ”って」と当時の心境を吐露。山口は「よくわかんないことがちょっとあるかなぁ…」と女優ならではの悩みを打ち明けた。

関連リンク

  • 2/23 17:30
  • クランクイン!

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • なつかしい!小早川伸木の恋めっちゃ好きだった(*´∀`)ってか曲にはまったなぁ… 山口さんのはコウノトリのときのことかなぁ? 病む役だと顔をげっそりさせるのに痩せたりとか私生活にも影響でそうで大変ですね(^_^;)

記事の無断転載を禁じます