「おかあさんといっしょ」上原りさの「卒業」でパパたちの楽しみが消滅!?

拡大画像を見る

 幼児向け番組「おかあさんのいっしょ」(NHK Eテレ)にて、体操のお兄さんこと小林よしひさと、「パント!のお姉さん」こと上原りさの卒業が発表された。二人は3月29日の放送回でお別れの挨拶をするという。小林が14年、上原が7年と長期出演を続けていたこともあり、視聴者からは二人の卒業を惜しむ声が相次いでいるようだ。

「小林は37歳とは思えない軽い身のこなしが持ち味で、日本体育大学体操部出身の細マッチョでもあります。普段はオレンジ色の独特な体操着を着ていますが、たまに放送されるロケ企画ではまわし一丁での相撲体験を披露したこともあり、ママたちを喜ばせていました。そして上原のほうはひそかにパパ人気が高く、今回の卒業を残念がる声が少なくありません」(子育て中のライター)

 上原は愛嬌のある笑顔と、ミュージカルで鍛えた高い身体能力が持ち味。また「おかあさんといっしょ」ではコント的な演出も多く、お笑い芸人さながらの変顔や奇妙な動きで子供たちの支持も得ていた。そんな上原は歴代出演者の中でもとくにパパ人気が高かったというのである。

「彼女は幼児向け番組の出演者として異例なほど胸が大きいのです。番組衣装はデコルテがぎりぎり見える程度ですが、子供たちとの行進で大きく前かがみになると、バストが見えないように胸元を押さえていたことも。ロケ企画の私服っぽい衣装では、わがままバストが胸元の生地を押し上げていたものです。そして極めつけは15年2月に“今月の歌”として放送された『あくびがビブベバ』。同曲ではまさかのサスペンダーを着用し、バストの高さでサスペンダーが左右に広がり、その盛り上がりを強調していました。この時はパパたちが『Eテレ、グッジョブ!』と涙したものです」(前出・子育て中のライター)

 まだ27歳の上原には今後もぜひ、その体全体を使ったパフォーマンスを披露し続けてもらいたいものだ。

(金田麻有)

関連リンク

  • 2/22 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます