スーパームーンは大地震のトリガーになるという噂が現実味を帯びる

拡大画像を見る

非常に恐ろしい噂が、いよいよ現実味を帯びてきたと話題となっております。今月の19日から20日の深夜に月が地球に最も近づいた状態になるいわゆる「スーパームーン」という現象が観測されました。非常に大きな月は我々地球から見れば非常に美しい現象ではありますが、同時にとある問題を引き起こす恐れがあるというのです。

スーパームーンが地震を引き起こす?

2019年最大の満月スーパームーンと大地震の可能性は大阪北部地震M6.1や北海道胆振東部地震M6.7など被災地震が複数記録2016年11月の福島県沖M7.4を最後。この福島県沖M7.4が2016年に最大の満月直後のタイミングに発生していたという前例からは今回に関しても注意が必要#地震 https://t.co/3ik74zKble pic.twitter.com/OUShKS12YB

— カズちゃん (@kazuchan2010) February 17, 2019

スーパームーンが起こると、月の引力により地球の地殻が引っ張られ地震を引き起こしやすくなるという説です。通常の満月よりも大きなスーパームーンは、その名の通り、地球に「スーパー」なエネルギーを注ぐのかもしれません。

これが実際に影響があるのかどうかは定かではないのですが、実際に自身が発生していることは確認されております。

直前に日本の奄美地方・長野で地震を観測しております。

(M)4・1、同午後9時4分ごろに長野県北部でM4・5https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190220/soc1902200013-n1.html

北海道胆振で震度6弱

21日21時22分頃、北海道で最大震度6弱を観測する地震がありました。震源地は胆振地方中東部、M5.7。この地震による津波の心配はありません。 https://t.co/061uDLhi2j #jishin #地震 #alert

— tenki.jp地震情報 (@tenkijp_jishin) February 21, 2019

また北海道胆振で2月21日に大きな地震が発生しております。2004年のスマトラ島沖地震や、2011年3月19日のスーパームーンの1週間前には「東日本大震災」が発生。やはりそれを裏付けるように大きな地震が発生。

やはりこの噂は現実だったのでしょうか、ネットでは今回のスーパームーンに恐れをなしております。

【スーパームーン】月の引力が最大になり地殻が引っ張られ地震などを引き起こすトリガーとなる。引っ張る力は相当なものだそう。単発より複数回の後が影響大きい、確か東日本大震災の時は二度目のスーパームーン後だったはず。明日2/20は先月に続き二度目のそれである。

— 天狼 (@tenrou2013) February 18, 2019

帰宅。北海道地震あったんだね?
スーパームーンの後ってどっかしらで災害起こってるイメージ…

— ぺぺぺ (@P_E___) February 21, 2019

あ、そういえば、このあいだスーパームーンだったな。

— ぎっき〜 (@Giccky) February 21, 2019

現時点では、科学的な根拠はないにせよ、地震が発生していることは確かであり、何らかの影響があるのではないかという「確証バイアス」が働いてしまうのは否めないわけですが

2013年のスーパームーンでも同様の問題が起きておりました。

さて、来年の2020年にも当然スーパームーンはあるようですが、果たして無事にオリンピックを迎えることができるのでしょうか。

画像掲載元:ぱくたそ

  • 2/21 23:04
  • 秒刊サンデー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

12

記事の無断転載を禁じます