【一度は訪れたい絶景】『ラピュタ』の世界観溢れる都市

拡大画像を見る

ジブリ作品の舞台と聞けば「一度は訪れてみたい」という方が多いのではないだろうか。『天空の城ラピュタ』の参考になった場所とも噂され、自然の景観に恵まれた台地を有し、世界遺産にも登録されている城がイギリスにはある。そこには同作品の魅力溢れる世界観が、たっぷり詰まっている。


自然に恵まれたのどかな絶景


pixta.jp


ジブリ作品『天空の城ラピュタ』の舞台となったと言われている、イギリス・ウェールズ地方。
イギリスを構成する4つの国のひとつ"ウェールズ"は、雄大な台地に広がる大自然を有する場所だ。


『天空の城ラピュタ』の舞台になったとも噂される


www.shutterstock.com


ウェールズ地方のグウィネズ州カーナーヴォンに、海と川と巨大な城壁に囲まれた城が存在する。その名は「カーナーヴォン城」。
ウェールズを征服したイングランド王によって、当時としては莫大な額の22,200ポンドで建設されたと言われているんだとか。

石造りで造られた城は、冒頭でもお話したジブリ作品の終盤、ヒロインのシータがお城の塔に閉じ込められてしまうシーンを彷彿とさせる。


未だ時が止まったまま。未完成の世界遺産


www.shutterstock.com


ウェールズ地方はカーナーヴォン城のほかにも多くの城が存在し、その中の4つの城が城郭群として知られる。
カーナーヴォン城は城郭群の中でもひと際大きく、戴冠式なども行われる由緒正しきお城として有名だ。

しかし1283年に建設が始まったが、736年経った今でも未完成のまま、時が止まっている。
未完成の内壁を見てみるのも楽しみのひとつだ。


お城の密度が高く歴史遺産の多い、ウェールズ。
イギリスでも有数の観光地と言われるほど、魅力が詰まった世界に足を運んでみてはいかがだろうか。


外務省 海外安全ホームページ

関連リンク

  • 2/21 17:01
  • aumo

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます