入浴中の女性に声をかけた変質者 信じられない『ひと言』に背筋が凍る

拡大画像を見る

TVや新聞、ネットを見ていると、恐ろしい犯罪の話題が耳に入ります。悲しいことですが、世界中で人を傷付ける行為が多発しているのです。

犯罪の被害者にならないためには、常識から逸脱した考えを持つ人から、できる限り自分の身を守るしかありません。

ですが、平和な日々を送っていると自然と気が緩んでしまうものです。「ここは安全な場所だから大丈夫」…と。

女性が入浴していたら、変質者に声をかけられ…

ユカンバ(@diamondyukanban)さんが投稿した実録漫画に、反響が上がっています。

ある日の夜、バイトから帰宅して風呂に入った投稿者さん。すると、風呂場の窓が開いていたことに気付きました。

あろうことか、変質者は「入浴中の動画を撮っていた。取引をしないか」と投稿者さんに声を掛けたのです。

とっさに投稿者さんが大声で兄に助けを求めると、変質者はその場から逃げていきました。その後、投稿者さんは警察を呼んだものの、この時の犯人は捕まっていないといいます。

警察によると、事件当時の環境で動画を撮ることは不可能だったのこと。変質者は「動画を消す」という条件で、投稿者さんに何かを強要するのが目的だったのかもしれません。

事件を振り返り、投稿者さんはこのようにつづりました。

風呂場での鼻歌が原因だったのか、バイトから帰る時に後をつけられて、このようなことになったのかもしれません。

私は目が悪く、窓も曇りガラス式だったので犯人の手掛かりは手しか見えませんでした。なので、犯人は捕まえられずにいます。

今回の件で知ってほしいことは、都会や田舎は関係なく、『平和で安全だと思っていた場所で、このような事件が起きた』ということです。

「自分の住んでいる場所は比較的に平和で、泥棒などの事件も起こったことがないから安全」と私は過信していました。

投稿を見た人たちからは、投稿者さんの身を案じる声や、変質者の卑劣な手口に対する怒りの声が相次いでいます。

・怖すぎる…読んでいてゾッとした。いつだってしっかりと防犯意識を持たないとね。

・こんな状況、男だって怖い。とっさにお兄さんを呼んだ、投稿者さんの判断に拍手…。

・どこで何が起こるか分からないから、油断せずに安全には気を付けよう。

また、投稿者さんと同じく風呂を覗かれた人や、トイレで似た経験をした人もいるようです。

悪意を持っている人は、どこに潜んでいるか分かりません。風呂やトイレなど無防備になりがちな場所では、特に自衛の意識を強く持ちたいですね。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 2/20 15:17
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

13
  • トリトン

    2/24 10:25

    昔は覗きは有ったけど今も有るんだな、昔高校の修学旅行の時にいきなり双眼鏡を持って何人か乗り込んで来た奴らがかなり離れていたけど女湯が見えると乗り込んできたのには呆れたけど時代は変わってないんだ。

  • 気持ちわかる。実家で色々平和だと面格子もついてるし、磨り硝子だし鍵閉めなくても窓閉めてれば大丈夫だと思ってたんだと思う。 私もお風呂場覗かれた時隣家は親戚宅。その隣のハイツも親戚所有の住人全員顔見知りや私の後輩夫婦や友人に貸してたり、御近所も仲良い人達で窓も防犯硝子だし鍵迄はと思ってた。ま、それで覗かれたけど。数日前から見慣れぬ奴を見かけたと親戚も言ってて不注意だったとは反省はしたけど

  • ドリブラー

    2/22 18:38

    実際問題、湯気で肉眼で見れないならともかく、窓から少し離せば、今の携帯なら撮れてしまうのではなかろうか? 肩しか撮れないのは、状況的にそうかもしれないが…。 間違ったことを伝えてないか?その警官。

記事の無断転載を禁じます