二宮和也の「キムタク化」で、ファンが不安視する“SMAPの二の舞”

拡大画像を見る

 唐突にも思われた1月27日の「嵐の活動休止宣言」。これはリーダー大野智(38)の「自由になりたい」発言をきっかけに、2017年6月頃からグループで話し合いを続け、周到に準備を進めた結果だったことは、すでに周知の事実となっている。

 大野の言葉以外にも、今回の結論に至った理由として、週刊誌などで報道されていた「メンバーの結婚問題」が背景にあるようだ。

 メンバーの中で、結婚を“渇望”していると伝えられているのが二宮和也(35)。

 二宮は、16年に『女性セブン』(小学館)に「お泊まり愛」をスクープされたお相手、フリーの伊藤綾子(38)アナウンサーとの仲が現在も続いており、結婚に最も近いといわれている。『週刊文春』(文藝春秋)2月21日号では、二宮の結婚に関する話が掲載されていた。

「二宮をよく知る芸能関係者の話として、二宮が結婚したがっていることは公然の秘密で、話し合いで活動休止が決まった後も、彼は“2020年まで待てない”と言い、メンバー内で孤立していた、といいます」(女性誌記者)

 かつてジャニーズには、事務所の反対を押し切って強引に結婚に踏み切り、最終的に認めさせた元SMAP木村拓哉(46)の例がある。

 木村を尊敬している二宮は、この木村のやり方を参考にしようとしている節があるという。

 昨年10月発売の『女性セブン』によれば、二宮は昨秋、木村家を一人で訪問し、「極秘会談」を行ったという。深夜にまで及んだという会談で何が話し合われたかさだかではないが、結婚問題が大きなテーマだったのではないかと推察されるという。

「SMAP解散前、SMAPと嵐の共演はありませんでした。事務所の先輩後輩とはいえ、“派閥”が違ったので、木村と二宮の2人にはほとんど接点がなかったんです。しかしSMAP解散後、昨年夏に公開された映画『検察側の罪人』での共演で、2人は急速に仲良くなっていったのです」(芸能記者)

 映画の撮影だけではなく、映画の宣伝のため、バラエティ番組やラジオ番組での共演で、2人の距離はさらに縮まったようだ。昨年9月、木村は自身のラジオ番組『木村拓哉Flow』(TOKYO FM)のゲストに二宮を迎え、次のように発言している。

「共演した後輩たちの中でも、距離を縮められたのは二宮くらい」

 蜜月状態――。しかし、こうした2人の急接近を、嵐の一部ファンたちは危惧しているという。

「もともと、SMAPの解散はキムタクが工藤静香(48)と強引に結婚してしまったことに端を発し、メンバー間に亀裂が入ったことが最大の原因といわれています。決して交わることがなかったSMAPのメンバーと嵐のメンバーという関係から、共演を経て、今やキムタクの生き方に感化され、二宮が嵐の置かれている状況を省みず、自分の結婚のことだけを考えるようになったら……。残されている“休養後の活動再開”の可能性もなくなってしまうかもしれません。ニノがキムタクと親しくなり、“キムタク化”することを恐れているファンはいるといいます」(前出の芸能記者)

 二宮の木村化を防げるかどうか、それが嵐復活の鍵となる!?

関連リンク

  • 2/19 7:00
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1

記事の無断転載を禁じます