魔裟斗、「世の妻たちに感謝」とイクメンアピール開始! モラハラ夫イメージで仕事減が原因か

拡大画像を見る

 元K-1世界王者でタレントの魔裟斗が2月16日、自身のInstagramを更新。しかし、その内容が現在物議を醸している。

「今日は朝から家事」というメッセージを投稿し、外に干し終えた洗濯物を背景に、自撮りした写真を公開した魔裟斗。この日、妻の矢沢心は長男の1カ月検診のため外出していたため、魔裟斗がかわりに家事をしていたそう。「家事って結構疲れるね!」と家事に慣れていない様子を綴り、最後には「世の中の妻たちに感謝しましょう。サンキュー」と呼びかけていた。

 この投稿に、ファンからは「男前でイクメンがやること、良いパパさんです!」「家事をして下さる旦那様の方が感謝ですよ!」と絶賛コメントが殺到。しかし、一方でネットでは「当たり前のことしてるだけ」「当たり前の事をドヤ顔で晒されても……」「気づいた時に黙ってしてくれるなら良い夫だけど」「家事はインスタ映えの道具じゃないよ」など、厳しい声があがっている。

 魔裟斗と矢沢心は育児雑誌が選ぶ「ベストカップル部門」を受賞したこともある夫婦。しかし以前、妻の矢沢がテレビ番組に出演した際、魔裟斗の亭主関白ぶりを「怖い」と告白。朝食には決まったパンしか食べず、毎朝矢沢が20分もかけて自由が丘の店に自転車で買いに行くことや、朝イチから会話が聞き取れないほどの大音量でヒップホップを流し、聞き返してくる矢沢を「耳鼻科にいってくれば」と一喝するなど、亭主関白の実態が明らかに。また、魔裟斗のその姿に、出演者もドン引き。魔裟斗は「男と女の役割分担がある」と話していたが、この番組をきっかけに視聴者からは「思いやりがない」などと批判され、いつの間にか“モラハラ夫”とのイメージがついてしまった。

「魔裟斗さんのInstagramには、家族との散歩や子ども写真、家族と仲睦まじい様子がうかがえるものが多くあがっています。しかし、これはついてしまった亭主関白のイメージを拭うためではないか、と業界ではみられています。元々は仲のいい夫婦で売っていただけに、あのモラハラぶりは何かしら仕事に支障がでたのかも!?  先月8日には第3子となる長男が誕生し、丁度よく、いいパパアピールできそうですし。イメージ回復するなら今かもしれませんね」(芸能関係者)

 14日は長男の写真を投稿し、「かっこいいなー親バカです!」と息子にメロメロな様子を見せていた魔裟斗。これを機に、良い父親・良い夫を目指してもらいたいものだ。

  • 2/18 23:30
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • Mikey

    3/13 0:46

    この人、昔から夫婦の取材での受け答えに関して感じた印象が見た目の良さでしか付き合いたいの観点しかない事言ってたから あんまりいい印象無いんだよねー(--;) その上この話聞いてから益々、好感度下がった❗

  • トリトン

    2/20 12:24

    いまさら遅いと思うけどな。

  • ヒナ♂

    2/20 12:15

    これはあかん奴や

記事の無断転載を禁じます