「くら寿司」は27億円の損失?“バカッター高校生”が背負う重すぎる代償

拡大画像を見る

 回転寿司大手のくら寿司を運営するくらコーポレーションは、男性アルバイト店員がネットに投稿した不適切動画によって、2月6日の株価が前日比-130円となり、時価総額27億が吹き飛ぶ事態となった。

「件の不適切動画では、アルバイト店員が4食材の魚をゴミ箱に投げ捨て、それをまな板に戻そうとするシーンが映し出されています。これが複数のアカウントによって拡散され、現在もネット上に《二度とくら寿司には行きたくない!》といった批判が多く上がっているんです」(ネットウオッチャー)

 くらコーポレーションは問題の動画について、「問題の魚はその場で廃棄処分されており、客には提供されていないことを確認した」と説明した上で、「お客さま、株主さま、お取引先さまに対し、上場企業としての責任を果たし、従業員の信頼回復のため」にと、動画を撮影・投稿した男性アルバイト店員に対し、刑事と民事での法的措置を取ることを明らかにしている。

「動画を撮影・投稿したのが高校生のアルバイト店員だったため、法的措置を取るのは厳しすぎるのではないかという声もあるが、損失の額が額だけに当然の動きと言えます。このような“バカッター”を巡っては、過去に1000万円以上の損害賠償を請求する訴訟も起きており、今回は企業側がそれ以上を提示する可能性も考えられます」(経済ジャーナリスト)

 今年に入ってから、くら寿司以外にもすき家やビッグエコー、ドミノピザ、セブンイレブン、バーミヤンなどでも相次いで不適切動画が投稿され、問題となっている。

「くら寿司の件もそうですが、動画は主に24時間で自動的に消えるインスタグラムのストーリーに投稿されている。他にもTikTokなど、ユーチューブ以外の動画共有ツールの幅が広がり、気軽なノリで投稿してしまうパターンがさらに増えているということです」(ネットライター)

 巨額賠償請求が最も効果的な見せしめになるのかもしれない。

(小島洋三)

関連リンク

  • 2/15 10:00
  • アサ芸Biz

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

51
  • レイル

    2/21 9:34

    中学の時、給食の時間(配膳中)に当番じゃなかった男子が廊下でふざけてて消火器の中身を噴射させ給食を2クラス分駄目にした事があったけどそれだって物凄く皆んなに恨まれてたのに。 ネットは、怖いですね。 因みに私のクラスは、配膳が早く終わっていたので既にドアを閉めていたので無事でした。

  • ひなママ

    2/18 15:31

    馬鹿アルバイトにどのくらい賠償金支払い命じたか報道してほしい。そして、今後Twitterなどで配信し会社に迷惑をかけた人には刑事、民事裁判をしますとサインを書かすしかないよね。

  • まぁ請求したれ❗️ 親が大変なのは、解るが、親が躾を怠ったのだから仕方ないね❗️┐('~`;)┌

記事の無断転載を禁じます