上野樹里、仕事激減の裏に“ワガママ女優”評……KAT-TUN・亀梨和也ドラマの「ドタキャン」響く

拡大画像を見る

 女優・上野樹里の仕事が激減している。2016年5月に、人気ロックバンドユニット・TRICERATOPSの和田唱と結婚して以降、出演作は滝藤賢一主演の15分ドラマ『オリガミの魔女と博士の四角い時間』(NHK Eテレ)と、山崎賢人主演の連続ドラマ『グッド・ドクター』(フジテレビ系)だけとなっている。

 もともとは、06年に月9ドラマ『のだめカンタービレ』(同)で玉木宏の相手役を務め大ブレークを果たし、ドラマ『ラスト・フレンズ』(同)や大河ドラマ『江~姫たちの戦国~』(NHK)など、毎年のようにビッグタイトルに出演していたが、その頃の面影は、いまやほとんどなくなってしまっている。

 その原因について、芸能関係者は「結婚したこともひとつの理由ですが、最大の理由は“ワガママ女優”のレッテルを貼られてしまったことです。17年にKAT-TUN・亀梨和也が主演するドラマ『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系)のヒロイン役を、一度は出演承諾していたにもかかわらず、直前になって『アイドルと共演したくない』と断ったと一部で報じられ、お騒がせ女優というウワサが一気に広まりました。現状、そのドタキャン騒動が尾を引いていて上野は日テレから出禁状態、他局も出演オファーをかけづらいといった状況になっています」と明かす。

 日本の芸能界でも指折りの演技力と評されているだけに、ドラマ、映画などへの露出が減るのは、なんとも残念ではあるのだが……。

「時代も移り変わり、上野に代わる若い女優も次々と頭角を現しています。このままひっそりと、芸能界の表舞台から消えていくことになるのかもしれません」(同)

 業界で悪評が流れてしまったばかりに、女優人生が終了しかねない事態になっているようだ。

  • 2/15 6:00
  • サイゾー

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

18
  • 紅茶飴

    2/19 8:24

    のだめ以降「どの役ものだめに見える」(いわゆる何を演じてもキムタク)のような評が多かったから、それで日本では露出を控えてしばらく韓国かどこかの作品に出ていた気がする。周りがガタガタ言うほど本人はわがままではないような。ガタガタ言う方がわがままな気がするし。

  • 雪兎

    2/19 8:15

    のだめ時期は人気あったが、大河ドラマをやった後に仕事激減で干された印象。今、2本出ているなら、昔よりはるかに仕事が多いと思うが??仕事の選り好みは、のだめの頃からずっとでは?

  • 紅葉

    2/18 22:59

    オファーを断ると2度と話は来ない。干される理由の大半はスタッフに嫌われたせい。会議で名前すらでなくなる。

記事の無断転載を禁じます