加藤綾子『あ、安部礼司』でラジオドラマに出演「私も挑戦して頑張りましたよー」

拡大画像を見る

今回はバレンタインデーをテーマに「オフィスドラマ」で主人公・安部礼司(小林タカ鹿)や大場嘉門(増田晋)、飯野平太(市川訓睦)、出向旺次郎(大高雄一郎)そしてオクテで重すぎる女子社員、重山つら美(渡辺弥咲)が登場するなか、加藤綾子は「神保町のカトパン」ことカトーベーカリー・あや子役を務めた。

久々にゲスト出演した彼女は「いつも温かく迎えて下さりありがとうございます」とレギュラー陣やスタッフの優しさを思い出しつつ、「前回も思いましたがマイクを通した時の皆さんの美声にうっとり。私も挑戦して頑張りましたよー」と収録を振り返った。

フォロワーからは「ラジオ聴きましたよ~。加藤さんのパン屋さんなら毎日パンでいいなあ。ラジオの声優さんにも負けないくらい素敵でしたよ」、「声を聞いていても綾子さんの内側からの心の温かさがひびきます」、「確かにカトパンの声でした 是非また出てくださいね」といったコメントが寄せられている。

また、彼女がフジテレビで4月より夕方ニュース枠のメインキャスターに起用されるとの報道を受けて「噂で4月から夕方のニュースキャスターを受けるってホンマでっか?」、「夕方のニュース 凄い楽しみしてるよ。主婦のバッシングなんて気にしちゃダメだぞ! 視聴率なんてどうでも良いから 改革じゃ無くて革命起こしてねー」という声も見受けられた。

画像は『加藤綾子 2019年2月9日付Instagram「再び!!ラジオドラマに出演させて頂きました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連リンク

  • 2/12 17:10
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます