神戸山口組の最高幹部“電撃辞任”の内幕 組織運営を放棄?

拡大画像を見る

 日本最大の暴力団である山口組が分裂したのは、’15年夏のこと。全国各地で配下組員を多数従えての示威行為やトラックによる特攻、襲撃、発砲に射殺事件まで起き、激しく火花を散らした。分裂から3年半の月日が流れた今、表立った武力衝突は沈静化し、抗争劇がニュースで報じられる機会は少なくなってきている。

 だがその水面下では、両組織の行方を左右しかねない火種がくすぶっている。発震源は、割って出た側の神戸山口組だ。暴力団事情に詳しいジャーナリストが語る。

「山口組結成100周年という節目の年に神戸山口組の井上邦雄組長らが謀反を起こしたのは、神戸山口組で総本部長という要職を担う正木年男組長の影響が大きい。策謀家でマスコミにも顔が効く正木氏は広報戦略を一手に引受け、神戸山口組がどう立ち回るか、戦略を練る責任者でした。

 その正木氏が井上組長と衝突し、総本部長を降りる事態に発展したようなんです。分裂を主導したキーマン同士の内輪揉めは、神戸山口組の空中分解につながりかねない。警察もこの情報を掴んでおり、注視しています」

 事の発端は、井上組長による厳しい叱責があったようだ。神戸山口組に親しい暴力団関係者が語る。

「ここのところ神戸山口組は勢いをそがれ、組織力はどんどん低下しています。芳しくない状況に苛立った井上組長が正木さんを呼びつけ、責任を問いただした。これが正木さんには受け入れがたかった。正木さんの立場からすれば、『山健組のふるまいにも問題がある』と言いたいでしょうから。

 井上組長になじられた正木さんは、自分の若い衆を連れて神戸山口組を出ていこうとした。この時はある幹部が正木さんの足を止めて説得し、その場は収まったのですが、正木さんの気持ちは折れてしまった。神戸山口組の幹部が一同に介する定例会が2月8日にあったのですが、その席で正木さんが『総本部長を降りる』と言い出し、舎弟に直りました。つまり、組織運営にタッチすることを放棄してしまったのです」

 総本部長の電撃辞任という異例事態に、神戸山口組は大きく揺れた。中でも山健組と双璧を成す中核組織・宅見組に、大きな変化が見られているという。

「神戸山口組という組織に対して冷めてしまっているのは、正木さんだけではない。入江禎組長率いる宅見組はある意味、もっと深刻です」

 前出の暴力団関係者はこう語るのだ。

◆「組員を六代目山口組に戻す」「宅見組には前任の若頭がいたのですが、分裂抗争に嫌気が差して堅気になってしまった。その後任になるはずだったのが、三代目杉本組の山田一組長です。

 岡山県の津山市に本拠地を置く山田組長は元々、初代竹中組叩き上げの若い衆なんです。姫路事件では武勲をあげ、長期刑を努めた筋金入りの極道で、だからこそ山田組長は宅見組を離れることを決意し、六代目山口組で名称復活を遂げた古巣の竹中組へと戻ってしまった。これによって宅見組は山田組長を絶縁処分としました。

 ところが、その山田組長が今度は同じ神戸山口組の“金庫番”だった池田組に復帰した。宅見組からすれば、自分の組織を絶縁になった者が、神戸の別組織の跡目候補になっている。しかも、山田組長が去った後も宅見組には四代目杉本組が作られているので、同じ岡山県に2つの杉本組があることになってしまっている。

 本来なら許されない状況なんですが、なぜか入江さんは池田さんにもトップであるはずの井上組長にも一切抗議をしていない。井上組長も腫れものに触れたくないのか、何も言わない。いびつな状態がまかり通っている状況なんです」

 本来ならば、山田組長を巡って衝突してもおかしくはない池田組と宅見組。だが、両組織の関係が悪化したという話は聞こえてこない。むしろ見え隠れするのは、神戸山口組から心が離れてしまっている者同士にある“共闘”の姿勢だ。

 ある六代目山口組系組長もこう証言する。

「神戸として出てった連中の本音は、井上とはもう関わりたくないってことでしょう。『司親分と高山の若頭に対する畏敬の念は少しも緩んでません』『高山若頭が社会復帰したら、今の若頭に組を譲って六代目山口組に組員を戻します』宅見組の入江は複数の人間を通して、我々にこんなことを言ってきている。

 池田が竹中組から山田さんを迎えたのだって、その後の事を苦慮して彼しかいないから、という話です。宅見、池田はわりと早い段階から冷めていましたが、ここにきて踏ん張ってた正木まで役職を降りた。これが今の神戸山口組なる組織の実態です」

◆引退を迫る音声ファイルも流出 本稿に名前の挙がる神戸山口組の幹部たちは、いずれも分裂を主導したキーマンである。一心同体だった彼らがなぜ、これほどまでに井上邦雄組長から離れていくように見えるのか。前出の六代目山口組系組長が語る。

「これまで神戸山口組を支えてきたのは、『喧嘩に強い』山健ブランドでした。喧嘩は山健組、資金は池田組という話で始まってますから。

 ところが蓋を開けたら、からっきしでした。相手組織の幹部を狙って行く道中でなぜか、警察に捕まる。『自分がやります』といきり倒していた人間が組織を割って、神戸山口組の体制批判をする記者会見まで開く。いずれも山健組の人間です。挙げ句、その人間の暗殺にも失敗してるのですから、そりゃシラケるでしょう」

 このタイミングで、山健組の弱腰ぶりが露呈する音声ファイルも流出した。内容は六代目系組織の幹部が昨年8月に山健組直系組長の身柄を抑え、引退を約束させたものだという。

「この音声ファイルの存在を聞きつけた神戸有力組織の幹部が『身内だけで聞くから』という条件でデータを譲り受け、幹部が集まる席で聞いたそうです。終始押されっぱなしの山健組サイドの態度もさることながら、井上組長がそれを見て見ぬフリをしていることに呆れていました。この音声ファイルはその後、宅見組から拡散されました」(同前)

◆キーマンは中田広志・山健組組長 今年の夏で、分裂から4年が経過する。秋口には六代目山口組のN0.2である高山清司・若頭も刑期を終える予定だ。「高山若頭が出所してくれば、分裂劇が終わる」とみる関係者は多い。

 鍵を握るのは、やはり山健組の動向のようだ。前出の六代目山口組系組長が語る。

「井上の後を継ぎ、五代目山健組を率いる中田は先代(渡辺芳則・五代目山口組組長)が目をかけて将来を期待していた人物であり、五代目姐の信頼も厚い。極道としての所作もわきまえているはず。今の神戸山口組をみる限り、内部で解決するには中田にすべてを託すより他はないのでは。

 有能な幹部ほど、統合後の移籍先は決まっているのが実情です。神戸の執行部連中だって、この状況を知らないはずがありません」

 高山若頭の社会復帰まで、残すところ約半年となった。両組織は果たして、どのような決着を見せるのか。

取材・文/SPA!編集部

関連リンク

  • 2/12 15:51
  • 日刊SPA!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます