【生涯で一度は訪れたい絶景】謎多き世界遺産。天空の城塞都市マチュピチュ

拡大画像を見る

"マチュピチュ"という言葉を、一度は聞いたことある人が多いのではないだろうか。それは日本の裏側、南米ペルー南東の街クスコの渓谷の間に、ひっそりと佇むインカ帝国が残した遺跡のことである。古い歴史がありながらも謎多き世界遺産として、多くの観光客や研究者、考古学者の人々を魅了し続けている。


ミステリーに包まれた古代都市遺跡


www.shutterstock.com


人生で一度は行きたい絶景としてもその名が挙がる、根強い人気の"マチュピチュ遺跡"。
はじまりは15世紀中頃インカ帝国時代に作られたとみられているが、新世界七不思議のひとつとされてることから、未だに解明されていない謎が数多くある世界遺産である。


断崖絶壁に存在する城塞都市


pixta.jp


大自然に囲まれた標高約2,400m、3000段の階段、40段にもなる段々畑、精巧な石組みで作られた景観は荘厳である。
しかし人々が暮らしたのは、わずか100年ほどだと言われている。

山裾からはその存在を確認できないことから「空中都市」や「インカの失われた都市」と称される所以でもある。
外敵からの侵略を逃れるため断崖絶壁に作ったという説もあるが、これもまた解明されていない謎のひとつだ。


雲海が創り出す神聖な絶景


www.shutterstock.com


観光ベストシーズンは5~10月の乾季だが、雨期には雨季の楽しさがある。
雲海に見え隠れする様は、ミステリアスなマチュピチュをより一層神聖的にしてくれる。


謎多きマチュピチュだが、歴史に触れながら天空の城を目指して登ってみてはいかがだろう。
新たな発見や体験が出来るかもしれない。


外務省 海外安全ホームページ

関連リンク

  • 2/12 13:00
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます