安達祐実が小6の娘の髪がピンク色だと明かすも「止めなきゃダメ!」の声

拡大画像を見る

 2月1日放送の「A‐Studio」(TBS系)にゲスト出演した安達祐実。2014年11月にカメラマンの桑島智輝氏と再婚。現在は12歳の長女、2歳の長男を育てつつ芸能活動をしているのだが、「ちょっと脚本を読んでいるから静かにしててねと言っても、まだ2歳ですから、ママ、ママって」と、育児と仕事の両立はいささか大変なご様子。その中で長女の性格は「すごくパンク」だといい、「人と違うことが楽しいみたいなところがある子で、髪型もそうだし、服装も。今は(髪色は)ピンクですね。すごいです。(夫が金髪なので)『ピンクにしたい』って言われても止められなかったです」と苦笑いするひと幕もあった。

「これにはネット上で『何があっても止めなきゃダメでしょ!』『学校はピンク髪を許してるの?』『なんで止められないの? 娘はまだ小学生でしょ? 地肌が傷むよ』など批判が殺到しているようです。中には、安達が飲食店オーナー・美和として出演中のドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)で深田恭子演じるヒロインの塾講師・順子の教え子であり恋愛関係に進みそうな横浜流星演じる匡平が髪をピンクに染めているため『お母さんのドラマを見て感化され髪をピンクにしたのでは?』という見方をする人まで出てきているようです」(女性誌記者)

 娘の実父である井戸田潤は、こんな状況を知ったらどう思うのだろうか。

関連リンク

  • 2/12 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 有里 ※

    2/12 21:53

    ピンクだから駄目かは、校則次第では? でも、今からあまりやり過ぎると、後からもっと子供らしい格好もしておいたら良かったかも、と思う日が来るかもしれない、とは思う。自分がそうだったので。 頭ピンクは大学とか専門学校でも出来るからね。

記事の無断転載を禁じます