茨城女子大生殺害、「十代にしか欲情しない」容疑者素顔を徹底追及

拡大画像を見る

 1月31日、葛飾区の女子大生・菊池捺未さん(18=事件当時=)が行方不明となっていた事件で、警視庁捜査1課は茨城県・神栖市の無職・廣瀬晃一容疑者(35)を死体遺棄の容疑で逮捕した。

 地元住民が困惑した様子で語る。

「なんだか知らねえぇけど、よっぽどのことがあったんでねぇか。若い女の子が東京さからわざわざ1人でこっちさ来て、タクシーで男の家まで行ったんだからな。うまいこと言ってダマされたんだべな」

 事件の発生は、昨年11月20日。東京・湯島にキャンパスのある日本薬科大学の1年生だった菊池さんは、午前中の講義を受講した後、自宅がある葛飾区から電車を乗り継ぎおよそ2時間半かけて、JR鹿島神宮駅で下車。そして夕方6時頃、容疑者の自宅アパート付近のコンビニの防犯カメラに捉えられたのが、菊池さんの最後の姿となった。その夜11時過ぎ、およそ15キロ離れた神栖市須田の田園地帯で携帯電話の電波が途切れ、その後、付近の畑の中で着衣のない菊池さんの遺体が発見されている。

 そして、この事件最大の謎は、18歳の女子大生がおよそ100キロ離れた「無職男」のところへ出向いた理由だ。

 捜査関係者が明かす。

「菊池さんは両親が離婚し、母子家庭で東京での1人暮らしだけに、生活費などは自分で稼ぐしかなかった。被害者がわざわざわざ足を運んだのは30万という高額の提示があったからと見られている。また、被害者は心身に重大な問題を抱え、学校にはあまり通えなかったようです。友人などには相談せず、自分で抱え込むタイプで、勇み足を踏んでしまった可能性がある」

 高額の金銭を見せ金に、一人の未来ある学生の命を奪った代償はあまりに大きい。2月12日発売の「週刊アサヒ芸能」2月21日号では、今回の事件の真相と廣瀬容疑者の「余罪」を徹底追及している。

関連リンク

  • 2/12 5:58
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • 飛鳥

    2/13 3:08

    きもい。 育ち環境や事情抱えた人はいくらでもいる。 だからて道を外さない人いくらでもいる。 それで犯罪行う理由にはならない。 小学生や中学生じゃ、あるまいし。 いいおとななんだからさぁ。

記事の無断転載を禁じます