「トレース」船越英一郎と錦戸亮の心が通い始めた、演技トーン高低差に耳キーンとならなかった5話

拡大画像を見る

「トレース~科捜研の男~」(毎週月曜よる9時~)。
科捜研研究員として錦戸亮、新木優子。ベテラン刑事を船越英一郎が演じる。
第5話のサブタイトルは「過去の悲しき誘拐 毛髪に秘められた愛

山道に遺棄された被害者はスナックに勤める海東奈津美(滝沢沙織)。遺体周辺からは被害者とは違う毛髪が見つかった。
DNA鑑定の結果、毛髪は18年前に誘拐された島本優ちゃんのものだということが分かる。

18年前の誘拐事件は未解決の状態。
誘拐犯の神崎徹(石垣佑磨)が何者かに殺害され、当時乳児だった優ちゃんも身代金も行方不明、そのまま迷宮入りになっていた。
それでも父母である島本彩花(矢田亜希子)と彰(山中聡)は未だに街頭でビラを配るなど懸命に優ちゃんを捜していた。

「やっと再会できる機会が巡ってきたのに。もし今回の事件がユウさんの復讐だとしたら悲しすぎます」
真野が聞いたら「キモチワルイ」と言いそうなノンナの感情的なセリフに、上司の海津(小雪)は肯定的だった。
「それでいいんじゃない。確かに科捜研の仕事に感情は不要かもしれない。でもそれがあなたの原動力になるなら大事にするべきだと思う」

捜査の結果、今回の事件だけではなく18年前のことも明らかになっていく。
殺害された神崎は。過去の交際をネタに彩花を脅して肉体関係を持ち、生まれたのが優。さらに彩花の負い目につけこんで金をひきだそうと誘拐を実行したのだった。

18年間探し続けてきたわが子が実は妻と誘拐犯の子だったなんてキッツイ事実だ。だが、彰は、涙ながらに
「18年間お前の苦しみに気づいてやれなくて悪かった」「優は誰がなんといっても俺の子だ」。器がでかい。

さて予告では今夜から「新章突入」。
1話からチラチラ~チラチラ~と見せてきてなーんの進展もなかった真野の過去に関するストーリーがようやく動き出しそう。
(イラストと文/まつもとりえこ)

【配信サイト】
・FOD

「トレース~科捜研の男~」(フジテレビ系列)
原作:古賀慶『トレース~科捜研法医研究員の追想~』
脚本:相沢友子、岡田道尚
音楽:Ken Arai
主題歌:関ジャニ∞『crystal』(INFINITY RECORDS)
プロデュース:草ヶ谷大輔、熊谷理恵(大映テレビ)
演出:松山博昭、相沢秀幸、三橋利行(FILM)
制作:フジテレビジョン

関連リンク

  • 2/11 9:45
  • エキレビ!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます