恋人と長続きできる女性だけが知っている「最高の彼女」になる3つの方法

拡大画像を見る



彼氏の恋人であるあなたは、当然ながら彼にとって「現時点ではナンバーワン」の位置に君臨しています。だけどできることなら「歴代彼女の中で最高」でありたい……そう思っている人は多いのではないでしょうか。
それは決してワガママな望みではありません。次に挙げる3つのポイントを常に意識していれば、次第に彼はあなたを「最高の彼女」だと思うようになるのです。


1:「趣味は彼氏」と宣言できるくらい、彼に詳しくなる

あなたの趣味は何ですか?料理、写真、カフェ巡り、メイクの研究など「好きなこと」や「興味のあること」を、趣味として掘り下げることは楽しいですよね。ならば「彼氏」も立派な趣味。もっともっと「彼」という人間を研究してみましょう!
彼の何気ない発言をきちんと覚え、彼が好きなことや嫌いなことをあなたの知識として蓄積していけば、誰よりも彼の理解者になることができます。
「そんなこと今までもやってたし」とあなたは思うかもしれません。
では試しに質問します。彼の好きな色、好きな食べ物、好きなファッション、好きなスポーツ、一人の時間にやっていること、将来の夢……あなたは全部知っていますか?
質問事項と答えを思いつくままノートに書き出してみると、まだまだ知らないことはたくさんあるはず。ひとつずつ彼にインタビューしていけば、会話に困ることもありません。彼の新たな一面を発見することもできます。それらを面倒だと思うならば、あなたはそれほど彼のことが好きではないのかも。
「俺より俺のこと詳しいんじゃない?」と、彼に言われるようになれば合格です!


2:世界中を敵に回しても、彼の「唯一の味方」になる

「好きな人の味方でいるのは当たり前」
…本当にそうでしょうか?
万が一、彼が仕事で不正を働いてしまったり、 何かの容疑にかけられてしまったとしても、あなたは彼の味方でいられますか?
みんなが彼に不信感を抱いている中、あなた一人だけでも味方でいてくれたら、そんな嬉しいことはありません。それが事実であっても冤罪であっても、彼の心に寄り添うことができる「唯一の味方」になってください。
周囲と同じように彼を疑ってしまうとしたら、まだまだ愛情不足です。
平和な日常で口にすることはなくても、常に「私はあなたの味方だから」と心の中で意識するだけで、あなたの言葉や態度は優しいものになります。
いざ彼が窮地に立たされた時、ずっと心に持ち続けていた気持ちを伝えてください。「いつだって私はあなたの味方だよ」と。


3:彼以上に自分のことを愛する

「彼のことを世界で一番愛しているのは私」そう思えるほど愛する彼がいるのは素敵なこと。
ならば「世界一愛している彼」に愛されている自分は、すでに「最高の彼女」です。
今日から「私は最高の彼女だ」と、自分に言い聞かせてください。最高の彼女であるあなたに対し、もし彼氏がひどいことを言ったならば、全身で悲しみを伝えてください。納得できないことがあったら、堂々と彼氏に文句を言うのです。

「嫌われたくないから言えない」のは、最高の彼女ではありません。年齢差がいくつあろうと、恋人という対等なポジションで彼に刺激と安らぎを与えられる女性が、彼にとって「最高の彼女」なのです。
「最高の彼女」である自分を愛し、常に幸せでいられるよう自分をいたわり、普段から自分の気持ちいいことだけを選んで生きましょう。
いつも幸せで素敵な笑顔を彼に見せられるあなたと一緒にいることが、彼にとって「最高の時間」になるのです。


まとめ:最高の彼女は「尽くす人」ではない

「最高の彼女」とは、彼を「最高の男」にできる女性のことでもあります。彼を最高の男にするために必要なのは、尽くすことではありません。
彼と一緒に楽しい時間を過ごすのはもちろんのこと、彼が最高の男になるために必要な気づきを与えたり、彼が落ち込んでいるときに絶妙なさじ加減で励ましたり叱咤激励できるのが、最高の彼女。それらが可能なのは、誰よりも彼のことをよく知り、彼の味方でいる女性です。
上記のポイントを意識しつつ彼との交際を続けていけば、ときに喧嘩したり忙しく会えない時間が続いても、心まですれ違うことはないはず。きっと言葉には出さなくても、彼もあなたを「最高の彼女」と思ってくれるはずですよ。(島田佳奈/ライター)
(ハウコレ編集部)

関連リンク

  • 2/11 21:00
  • ハウコレ

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます