ロンドンの「子宮」みたいなベッドルーム

拡大画像を見る

ここで紹介するのは、シティ・オブ・ロンドンの近くにあるブティックホテル「Cuckooz」の一室。

「The Zed Rooms」と呼ばれていて、キャッチコピーは「赤ちゃんみたいに寝よう」です。お母さんのお腹の中にいる感覚で“おやすみ”しましょう、ということでしょうか。

ベッドルームにもわざわざ名前がつけられていて、こちらは「Woom Room」。子宮を意味する「womb」という言葉と、発音が全く一緒です。

そして、肌色のような柔らかいピンクのような配色。子宮の様子……というか、母胎回帰したような寝場所を表現しているのでしょう。

「Cuckooz」のWEBサイトからは確証を得られません。でも、モチーフはそれとしか考えられません。

お値段は1泊190ポンド(約2万7000円)から。肝心の寝心地は包まれている感覚になれて、安心して眠れそうです。

Top image: © 2018 Billy Bolton/Cuckooz.

関連リンク

  • 2/11 19:00
  • TABI LABO

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます