【完全解説】「伺わせていただきます」「部長様」は間違い。二重敬語を予防するたった1つのルール

拡大画像を見る

画像はこちらから( https://otonasalone.jp/100329/ )

二重敬語というものがあります。敬語が重なってしまい、文法的に間違いだというものです。
この二重敬語に対し「まあ、そんなことで敬意を決める人はいない」「目くじら立てて言うものでもない」などという説もあります。
私も職業に似合わずラフな人間なので、普段は人の口から出た二重敬語を気にしません。
でももし、二重敬語にならないようにするルールがあったら、知りたいと思いませんか?
今日はその辺の簡単なルールを1つだけお伝えします。

 

そもそも二重敬語とは

ビジネスシーンでの二重敬語には、様々なものがあります。
代表例をいくつか挙げますね。

部長様 こちらから伺わせていただきます 弊社にお越しになられる際には…… そちら様の仰られる通りです

1の「部長様」についてです

よく、一覧表などで「敬称略」という言葉を見かけませんか?「○○様」や役職名が付いた「○○部長」などの「様」「部長」などの部分を「敬称」といいます。そこを略して、名前だけを羅列し「敬称略」としますよね。そうです「部長」は「敬称」です。ここの部分でそもそも「敬語」の扱い。さらに「様」を付けると敬語が二つ重なっている状態になるので二重敬語なのですね。ここは「部長」でOKです。
「殿」に関しては会社によりOKの場合もあるので、注意しましょう。

2の「こちらから伺わせていただきます」についてです

ここでは「伺う」と「いただきます」の二つの敬語があります。どちらも、自分を下に言って相手に敬意を表す「謙譲語」です。「伺う」は「行く」の謙譲語で、「いただきます」は「もらう」の謙譲語。二つ重なっているので二重敬語なのですね。ここは「こちらから伺います。」でOKです。
また、「させていただく」には他にも理由があり、あまり使わない方が良いのです。この「させていただく」問題については、独自に記事を書いていますので、こちらをご覧ください。
https://otonasalone.jp/98717/

3の「弊社にお越しになられる際には……」についてです

ここでは「お越しになる」と「なられる」の二つの敬語があります。どちらも相手の行為を敬う尊敬語です。「お越しになる」は「来る」の尊敬語、「なられる」は「なる」の尊敬語です。二つ重なっているので二重敬語なのですね。ここは「お越しになる際には……。」でOKです。

4の「そちら様の仰られる通りです」についてです

ここでは「仰る」と「られる」の二つの敬語があります。「仰る」は「言う」の尊敬語、「られる」は尊敬を表す助動詞です。二つ重なっているので二重敬語なのですね。ここは「そちら様の仰る通りです。」でOKです。

 

敬語が重なってしまったら、どちらかを元に戻す!

さて、もう例文から察しが付いた方もいらっしゃると思います。二重敬語にならないようにするには、当たり前ですが、どちらかを元の言葉に戻せばいいのです。どちらかが元の言葉になったら、敬語は1つになり、二重とは言えなくなるからです。

部長様→部長 こちらから伺わせていただきます。→こちらから伺います お越しになられる際には……→お越しになる際には…… そちら様の仰られる通りです。→そちら様の仰る通りです

ね。1つにすればいいわけです。その場合、どちらを選ぶのかがポイントになりそうなのですが、文法的にはどちらでも良いのです。

3の「お越しになられる」を例にとって見てみましょう。
ここでは「お越しになる」と「なられる」の二つの敬語があります。どちらも相手の行為を敬う尊敬語です。「お越しになる」は「来る」の尊敬語、「なられる」は「なる」の尊敬語です。なので、戻し方としては、「お越しになる」を「来る」に戻すか、「なられる」を「なる」に戻すかです。

「来られる際には」 「お越しになる際には」

となります。文法的にはどちらでも構わないわけです。ただ「来る」を「お越しになる」として言葉を換える方が高度な敬語表現だという印象があります。「食べる」を「いただく」、「見る」を「拝見する」に直すのと同じです。なので、後者の「起こしになる際には」の方が良いのです。

4の「そちら様の仰られる通りです。」も見てみましょう。
ここでは「仰る」と「られる」の二つの敬語があります。「仰る」は「言う」の尊敬語、「られる」は尊敬を表す助動詞です。なので、戻し方としては、「仰る」を「言う」に戻すか、「られる」を抜くかです。

「そちら様の言われる通りです」(「れる」の変化) 「そちら様の仰る通りです」

となります。この場合も文法的にはどちらでも構いません。ただ、この場合も「言う」を「仰る」として言葉を換える方が高度な敬語表現だという印象があります。

 

例・×「何をされていらっしゃる」→○「何をされている」

さて、冒頭の文章「何をされていらっしゃる」です。
こちらは、何と何が二重なのか分かりますか?そうです。ここまで読んだ人ならもう分かりますね。「される」と「いらっしゃる」です。どちらも相手の行為を敬う尊敬語です。「される」は「する」の尊敬語、「いらっしゃる」は「いる」の尊敬語です。

 

とにかくどちらか1つを元の言葉に戻す

この場合、戻し方としては、「何をされる」を「何をする」に戻すか、「いらっしゃる」を「いる」に戻すかです。

「何をしていらっしゃる」 「何をされている」

となります。この場合も文法的にはどちらでも構いません。この場合も「する」を「される」と変換する方が言葉が大きく変わっていますので、「されている」が高度な敬語表現だという印象があります。

あの方は、何をしていらっしゃるのですか? あの方は、何をされているのですか?

もちろん、シチュエーションによって変わる場合もあります。ただ、どちらの場合も、とにかく敬語は重ねないこと、どちらか1つを元の言葉に戻すのが重要なポイントです。

関連リンク

  • 2/11 4:10
  • OTONA SALONE

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます