安藤サクラ、柄本佑と夫婦受賞に涙で登場 「賄賂とかはないです」

拡大画像を見る

第92回キネマ旬報ベスト・テン表彰式が10日に都内で行われ、安藤サクラ、柄本佑ら受賞者が登場した。

『万引き家族』で主演女優賞を受賞した安藤サクラは、「どうしよう、うまく話せなくなっちゃった」と動揺を見せる。出産直後に撮影したという同作について「今までだったら背負っていたような、自分が大事にいつも持っていたものが、産後なくなったというか」と明かし、「一個、でかいものを出産とともに出したという感じがあって。これからもあの状態にはならないかもしれない。すごくおおらかな生き物でいたような気がして、なんだかちょっとどんな爆弾が飛んできても、ふわっと入れた気がします」と語った。

妻である安藤の様子を見守っていた柄本佑(主演男優賞)は、「なんて言えばいいんだ」と苦笑し、関係者への感謝で言葉を詰まらせる場面も。さらに「昨年母(角替和枝)が亡くなりまして、直接は報告できませんでした」と振り返る。「きっと会場のどこかにいると思います。うちの母の口癖は『なんでもない日、万歳』でした。さすがに今日は、『なんでもなくない日、万歳』と言って喜んでくれていると思います」と笑顔を見せた。

W受賞ということで改めて夫婦で並んだ2人だが、「もう一生ないから!」と涙を見せた安藤を、柄本が「ちょっと待て、夫婦で泣いてると、写真出るぞ!」となだめる。安藤は涙ながらに「ちゃんとしてなきゃいけないかなと思ったんですけど、もうお祭り騒ぎだからいいかなと思って」と訴え、柄本は「そんな目で見られても……!」と動揺していた。しかし、司会者が柄本に話を振ると、安藤は泣きながらも「そういうのはいいんです、男は」とその場を制していた。

また、サプライズで安藤の父・奥田瑛二からの「旦那が賞をもらったことを何よりも何よりも一番喜んでいるのは、安藤サクラだと思っています。2人の日々の精進の結果だと思っています。父もまだまだガンガン攻めていきます。いやあ、エネルギーをありがとう、乾杯!」というコメントが読み上げられると、安藤は「ここまでくると恥ずかしくなってくる」と苦笑。同社のバックアップに、「賄賂とかは渡していないです。そこまでお金はございません」と弁解し、会場を笑わせていた。
○受賞一覧&登壇者

日本映画作品賞:『万引き家族』桑田靖(フジテレビジョン)
外国映画作品賞/外国映画監督賞/読者選出外国映画監督賞:『スリー・ビルボード』マーティン・マクドナー監督 代理:平山義成(20世紀フォックス映画)
文化映画作品賞:『沖縄スパイ戦史』三上知恵監督、大矢英代監督

・個人賞
主演女優賞:安藤サクラ
主演男優賞:柄本佑
助演女優賞:木野花
助演男優賞:松坂桃李
新人女優賞:木竜麻生
新人男優賞:寛 一 郎
日本映画監督賞:瀬々敬久 代理:川瀬陽太
日本映画脚本賞:相澤虎之助/瀬々敬久 代理:坂口一直(スタンス・カンパニー)
読者選出日本映画監督賞:是枝裕和監督 代理:依田巽(ギャガ)
キネマ旬報読者賞:立川志らく
特別賞:樹木希林 代理:内田也哉子

関連リンク

  • 2/10 22:16
  • マイナビニュース

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 連休下さい

    2/11 18:08

    鎌倉物語観て安藤サクラさんを好きになりました。これからも頑張ってほしいです。

  • この夫婦好きだわ(´∀`*)これからも2人で仕事頑張って欲しい。

記事の無断転載を禁じます