くら寿司が『炎上店員』に法的措置 その理由に「素晴らしい!」「カッコいい」

拡大画像を見る

回転寿司チェーン店『くら寿司』の店員が起こした、炎上騒動。

2019年2月、くら寿司の店員がさばいた魚をわざとごみ箱に投げ入れ、再び調理台に戻す動画がInstagramに投稿されました。

動画はネット上で拡散され「不衛生すぎる」「この魚を客に出したのか」といった批判が殺到し、『炎上』しました。

同月6日、くら寿司はウェブサイトで騒動の経緯について説明。不適切行為をとったアルバイト2人を特定し、動画内で捨てられた魚は客に提供していないことを確認しました。

くら寿司の『炎上騒動』、事後対応に称賛の声

同月8日、くら寿司は該当店員2名の処分に対する進捗を再び報告しました。

2人のて人は同日をもって退職処分し、くら寿司側は刑事、民事での法的措置の準備に入ったとのことです。

今回、法的措置をとった理由として、くら寿司は以下の2点を上げました。

1.このような状況の中、ご来店いただき温かいお言葉をかけてくださるお客様、株主様、お取引様に対し上場企業としての責任を果たし、全国で共に働く約33,000人の従業員の信用回復の為。

2.多発する飲食店での不適切行動とその様子を撮影したSNSの投稿に対し、当社が一石を投じ、全国で起こる同様の事件の再発防止につなげ、抑止力とする為。

くら寿司 ホームページ ーより引用

「従業員の信頼回復のため」「同様の事件の再発防止をするため」として、しかるべき対応をすることにした、くら寿司。

今回のくら寿司の騒動だけでなく、店での不適切行為をとらえた動画炎上は後を絶ちません。

実際に、今回の騒動と同じタイミングで、ほかの店で撮影された店員や客の動画が炎上しています。

くら寿司側の対応に、ネット上では多くの人から称賛の声が上がっています。

・遊び半分で撮った動画を投稿し、企業の社会的信用を失墜させたんだから、しかるべき処置。

・いいぞ、くら寿司。一企業だけでなく、飲食業界全体への信用問題だからね。

・当然の対応ですね。このことがもっと拡散されて、再発防止につながることを望みます。

・「働いている店員の信頼回復のため」ってカッコいいと思う。

きっと、不適切行為をはたらいている人は「ちょっとした遊び心」のつもりなのでしょう。そういった人たちがリスクを想定できない以上、不適切行為はなくなりません。

また、このような炎上騒動は、真面目に働いている店員にとっては迷惑この上ないものです。

こうして企業側が法的措置を取り、そのことを公表することで、不適切行為のリスクを想像しやすくなるのではないでしょうか。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 2/9 11:08
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

56
  • 紅茶飴

    2/13 19:50

    どんちゃんには言ってないよ。気にしないで。またね😃✋

  • またかよ、飴💢お呼びじゃねぇよ

  • 紅茶飴

    2/13 19:40

    何か30前後本人か関係者かとの疑惑で疑われてるんだけど、ガチ年齢はプロフに公開していて、ネット上でのコメント欄の30前後の人とは無関係だよ。

記事の無断転載を禁じます