川の氾濫で孤立したキリン、3日後に死亡 国立公園局「自然の成り行きに任せた」(南ア)

拡大画像を見る

最初に目撃されたのは1月31日、目撃者から「川の真ん中にキリンが取り残されている」と南アフリカ国立公園局(SANParks)に連絡が来た。これを受けてSANParksは「キリンについては常に監視していますが、自然発生的なものであるため、現時点で保護することができません」とソーシャルメディアで発表していた。

クルーガー国立公園では自然の中で暮らす動物を観察することが目的であるため、管理局も基本的に野生動物に干渉しない。例外で関わるのは、人間の作ったワナに動物がかかってしまった時や動物が銃で撃たれた時だ。キリンが孤立したのは大雨による川の氾濫が原因であり人工的に引き起こされたものでないため、スタッフは保護することができなかったのだ。

翌2月1日、依然として孤立したままだが生存しているキリンの姿が投稿されている。ジャンプすれば跨げそうな場所に立っているのだが、キリンは行動していない。そして夕方4時過ぎ、川にワニがいるという投稿があった。2月2日の朝も生存が確認されている。キリンは落ち着いているようで、川を渡るタイミングを見計らっているとのことだった。しかし2月3日午前に投稿された写真のキリンは地面に横たわっており、動きもなく息を引き取ったと判断された。

SANParksのイケ・ファアーラさん(Ike Phaahla)は、『News24』の取材に対して「キリンの死を非常に残念に思っている。キリンは歩いて川を渡ると思っていたが、水かさが増した川を渡ることはできなかったようだ」と話している。

野生動物専門写真を扱うサイト『Kruger-2-Kalahari』は、「キリンは川を渡っていたが、途中で川の流れが思った以上に速すぎたために戻ろうとした。しかし水かさは引き返せないほど増えてきており、そこはワニもいる川だ。もし水かさが減らなかったら、餓死するか食べられるかのどちらかという状況にまで陥ってしまったのだろう」とコメントした。

キリンの死の原因についてだが、すでに他の動物が遺骸を食べに集まっているため、正確な死因は解明できないだろうとファアーラさんは語っている。

画像は『Latest Sightings - Kruger 2019年2月2日付Facebook「Update:09:00 Giraffe still in Olifants river H1-5, Olifants bridge Near Olifants camp Vis 5/5 Tinged by Donnavan」』『Kruger Sightings 2019年2月3日付Twitter「There is an end to the story」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

関連リンク

  • 2/8 10:17
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

1
  • まる☆

    2/12 12:50

    決まりかもしれないけど、職員もつらいだろうに。見殺しにしたって。川の氾濫も人が巻き起こした気象異常かもしれない。頭固すぎると思う

記事の無断転載を禁じます