米倉涼子、「疑惑」に「ファッションショー」「内容が頭に入らない」の辛辣批判!

拡大画像を見る

 2月3日に放送された松本清張ドラマスペシャル「疑惑」(テレビ朝日系)で主演を務めた米倉涼子。1982年に公開された映画と同様、原作では男性となっている弁護士を卓子という女性に置き換え、夫殺しの疑惑がある球磨子(くまこ)と、球磨子の弁護を担当することになった卓子との激しい駆け引きが描かれているはずだったのだが、今回はいささか勝手が違ったようだ。

「原作やこれまで映像化されてきた作品とはアレンジが大きく違い、戸惑った視聴者が多かったようです。特に映画では桃井かおりと岩下志麻、12年11月9日放送のスペシャルドラマでは尾野真千子と常盤貴子が演じた関係性を強烈に覚えている人は、驚くほどの物足りなさを感じたようです。また、今作では米倉の衣装チェンジが何度もあり、ファッションショーのようだと感じた人も少なくなかったようです。ネット上では『一生懸命に見てるのに頭に内容が入ってこない』『“これじゃない感”と戦いながら見てるせいか疲れる』『薄い、軽い、浅い、つまらない』『米倉さんの演技力が通用するのはドクターXだけ』『黒木さんの球磨子にゾクゾクするような魅力がない』『脚本、演出、キャスティング…すべてが失敗だったと思う』など、辛辣な意見が数多く見られます」(テレビ誌ライター)

 放送前は米倉演じる卓子と黒木演じる球磨子のキスシーンが話題になり、どんな関係性が描かれるのか期待されたが、2人に友情のようなものが芽生え、ハッピーエンドなムードで幕を閉じたこのドラマ。「期待していたのに裏切られた感じ」という感想がネット上にあふれていることを、制作サイドには真摯に受け止めて頂きたい。

関連リンク

  • 2/8 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2

記事の無断転載を禁じます