家にくる猫の首輪に『手紙』を結び付けると? 迎えた結末に、8万人がじんわり

拡大画像を見る

滋賀県近江八幡市の旧市街地にある『キャットクリニック』。

クリニックの獣医師がネット上に投稿した、1匹の猫にまつわるエピソードが、多くの人を優しい気持ちにさせています。

1匹の猫が結んだ縁

投稿者さんの家のデッキに、よく遊びに来ていたという白と黒の模様が特徴的な1匹の猫。

投稿者さんは、密かに猫のことを「クロちゃん」と名付け、様子を見ていました。

ある日のこと。猫がノミ取り用の首輪をつけている姿を見た投稿者さんは、「やはり飼い猫だったのか」と思い、首輪に次のような小さな手紙を結び付けました。

どちら様の猫ですか?名前は?

うちによく遊びに来ます。可愛いですね。

すると…。次の日、遊びにやってきた猫の首輪には、なんと返信の手紙がついていたのです!

名前はダイズっていいます。

いつごろからそちらに行ったりしているんですか?

これからも仲よくしてくださいね。

手紙のやり取りからは、お互いがダイズくんを大切に想う気持ちが伝わってきます。

ネット上では、「伝書バトならぬ伝書猫だね」「優しい気持ちになった」といったコメントが寄せられました。

ちなみに、手紙のやり取りは6~7年前の話です。ダイズくんの飼い主さんがどう思うかが気がかりで、投稿者さんはエピソードをネット上に公開するのに時間を置いたといいます。

1匹の猫が結んだ不思議な縁に、驚かされますね。ほっと心が温かくなるエピソードでした。

猫や犬、飼い主の心に寄り添う『キャットクリニック』

『キャットクリニック』は猫や犬などの往診をしており、2019年4月3日には診療施設を開院予定です。

Twitterアカウントには犬や猫に関するさまざまな情報を公開しています。興味のわいた人はぜひのぞいてみてください。

『キャットクリニック』の情報はこちら

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 2/7 11:15
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

6

記事の無断転載を禁じます