梅沢富美男、生放送で「不適切発言」 その後の対応に大反響

拡大画像を見る

俳優の梅沢富美男さんが2019年1月16日に放送された『バイキング』(フジテレビ系)に出演。

番組で無意識に不適切な発言をしてしまい、謝罪する一幕がありました。

梅沢富美男 つらい過去を打ち明けたところ思わぬ事態に

番組では、交際女性へのDVや、3千万円の使い込みが報じられた、音楽グループ『純烈』の元メンバーの騒動について特集。

『純烈』は2007年に結成され、2010年にメジャーデビューするも、その後レコード会社との契約が切れてしまい、スーパー銭湯などで地道に活動してきたという過去があります。

苦労人でもある梅沢さんはかつての自分と重ね、『純烈』が2018年の『NHK紅白歌合戦』に出場した時には心から喜んだといいます。

そのため、今回の騒動について、梅沢さんは心底がっかりした様子でこう口にしました。

稼げもしないうちに人の金使ってバクチやるような…。だから自分でケツふけねぇからこんなことになる。もうがっかりしたね!

バイキング ーより引用

しかし、よほどこの出来事がショックだったのか、梅沢さんの気持ちは収まりません。

「差別だっていっぱい受けたからね」と、これまで自分がいわれてきたという言葉を明かし、誰も口をきいてくれない時期があったことを振り返ります。

ただ、その中には放送禁止用語にあたる言葉も含まれており、番組MCの坂上忍さんは慌てて「えっと…いま、いろいろ不適切な発言がありましたが…」と梅沢さんを制止。

番組の進行役である榎並大二郎アナウンサーも「表現がよくない。不適切な表現がありましたが…」と、動揺した様子でした。

梅沢富美男も発言を謝罪

その後、番組は普通に進行していましたが、しばらくしてスタッフからの指示があったのか、榎並大二郎アナウンサーは「さて、先ほどなんですが、放送内で不適切な表現がございました。お詫び申し上げます」と、改めて視聴者に謝罪。

これを受けて、梅沢さんは「俺か?俺でしょ?いわれた俺はどうすんだ。誰がグチュグチュいってるのか知らねえけど」と口にします。

自分の発言が「不適切な表現」に該当したと気付きながらも、改めて謝罪しないといけないほどの事態になっていることには納得できない様子でした。

しかし、坂上さんが「すみません。僕が悪かったんです」と場を収めるために重ねて謝罪すると、梅沢さんは意を決して頭を下げたのです。

いわれた本人が謝らないといけないんだ。

どうもすみませんでした。

バイキング ーより引用

納得がいかない部分もあったものの、梅沢さんにとっては、自分の言動で共演者が頭を下げることのほうがいけないことと考えたのかもしれません。

梅沢富美男は、そんなに悪いこといったか?世間の反応

・放送見てたけど、そんなに不適切な発言だったか?

・腑に落ちない部分もあっただろうけど、よく即座に謝ったと思う。

・梅沢さんは悪くないと思うな。

・生放送だといろいろ配慮しないといけない部分があって大変だと思った。

・坂上さんも、梅沢さんも大人な対応をとったと思う。

坂上さんも「やっぱり梅沢さんはそこらへんの苦労とか思いっていうのが一番分かっているかたなので…」と、梅沢さんをフォローしていました。それだけ今回の騒動に坂上さんがショックを受けていたということ。

似たような境遇でブレイクしたという立場の人間がありのままの気持ちをコメントで出してくれたことは、梅沢さんをコメンテーターとして起用している番組側としてもありがたいことのはずです。

視聴者からも梅沢さんを責めるような声はあまり見られません。梅沢さんには、「今後も思ったことをどんどん発言してほしい」というのが世間の総意でしょう。

[文・構成/grape編集部]

関連リンク

  • 1/23 12:11
  • grape

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • アレックス

    1/23 17:35

    あれって梅沢さんが過去に言われたって話でしょ?若いときはこう呼ばれて辛い想いをしてきたっていう。それでもダメなんだ。テレビのルールって面倒だね。

  • ソフィア

    1/23 16:53

    匿名記者ごときが総意なんてよくもいえるもんだ

記事の無断転載を禁じます