レアル、ポルトの21歳ブラジル代表DF獲得が合意か。62億円で来季加入へ

拡大画像を見る

 レアル・マドリーは、ポルトに所属するブラジル代表DFエデル・ミリトンを来季獲得することが合意に達したとみられている。スペイン紙『アス』が20日付で伝えた。

 現在21歳のミリトンは2017年にサンパウロでデビューし、昨夏にポルトへ移籍。9月にブラジル代表デビューも飾った有望株であり、欧州屈指の若手センターバックとして高い評価を受けている。

 イングランドのマンチェスター・ユナイテッドやリバプール、チェルシーなどもミリトンの獲得に関心を示していると報じられていた。だが、移籍先はマドリーとなる可能性が高くなっているようだ。

 マドリーはポルトとミリトンの契約に設定された契約解除金5000万ユーロ(約62億円)の満額を支払うことを決めたという。その上で、ミリトン本人とも口頭で合意に達したとみられている。契約により移籍金の10%は前所属クラブのサンパウロに支払われることになる。

 冬の移籍市場での獲得を試みる可能性もあると予想されていたが、加入は来季からとなることが見込まれている。今季をポルトで戦い終えた後、スペインに戦いの場を移すことになるのだろうか。

関連リンク

  • 1/21 15:33
  • フットボールチャンネル

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます