17歳母、生後18か月女児を「躾」と称して殺害(台湾)

拡大画像を見る

生後18か月の娘を殺害した容疑で逮捕されたのは、台南市に暮らす17歳の母親シュエ(Hsueh)だ。

シュエは、タクシー運転手をしているボーイフレンドのリー(27歳)との間にもうけた女児に対して、「躾」と称しては頭を壁に打ち付けるなどの虐待行為を長期にわたり行っていた。女児が死亡した夜も、カップのミルクを倒してしまった女児に逆上したシュエは、孫の手で殴打。その後、アパートの友人3人とカラオケバーに行く途中で女児が呼吸をしていないことに気付いた。

シュエはリーに電話し、リーの車で女児を市内の郭総合医院へと連れて行った。しかし医師らは蘇生することが叶わず、女児は病院で死亡が確認された。医師は、女児は病院へ運ばれる何時間も前に死亡していたと話しており、女児の体に新しい傷に加えて古い傷や痣の痕もあることから、長期にわたり虐待を受けていたと断定した。女児は脳内出血も起こしていたようで、これは壁や硬い床に頭を打ち付けられてできたものとみられている。

警察から事情聴取を受けたシュエとリー、そしてシュエのいとこ2人は、揃って「女児が泣いたら、躾のために繰り返して暴力を振るっていた」と認めたという。今後この4人は、女児殺害の罪で起訴される可能性があるとのことだ。

画像は『Daily Star 2019年1月17日付「Vile mum killed baby daughter by smashing her head on wall to ‘discipline’ her for crying」(Pic: ASIA WIRE)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

関連リンク

  • 1/21 12:55
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • あきひろ

    1/22 23:17

    こいつも母親からこういう「躾」をされていたんだろうな

  • シュエさん 虐待されて育ったのかな…?

  • トリトン

    1/21 13:49

    ガキがガキを産めばこんなもんだ。

記事の無断転載を禁じます