英国人が見たウズベキスタン戦「塩谷弾、あれはね…何って言えば良いかな!? 凄かった!」

拡大画像を見る

日本代表は17日、AFCアジアカップ2019・グループリーグ第3節でウズベキスタン代表と対戦し、2-1の勝利を収めた。この試合中、現地UAEで試合を取材し、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

「きょうの11人は結構モチベーションが高いと思います」

 日本代表は17日、AFCアジアカップ2019・グループリーグ第3節でウズベキスタン代表と対戦し、2-1の勝利を収めた。この試合中、現地UAEで試合を取材し、日本サッカーに精通するイングランド人ライターのショーン・キャロル氏に随時話を聞いた。(語り手:ショーン・キャロル)

——————————

――日本代表のスタメンが発表されました。森保一監督はメンバーを大幅に変更してきましたが、注目する選手は誰になりますでしょうか

「今日は槙野(智章)選手と乾(貴士)選手です。槙野はディフェンスラインをオーガナイズしなければならないという役割があって、乾選手は攻撃の起点になって欲しいです」

――グループリーグを首位で通過するには今日の試合を勝たなければなりません。日本代表はどういった戦い方、そしてどういったことが大事になってくるでしょうか

「最も大事な事はチャンスが来る時に絶対に決めなければなりません。その一方、ウズベキスタンのカウンターを注意しないといけない」

――一方でウズベキスタン代表は引き分けでも首位通過できる状況です。相手は引いて守りを固めてくる可能性もあるのでしょうか

「そうですね。(エクトル・)クーペル監督はそのような評価をされている保守的なコーチです。ウズベキスタンにとって勝ち点1は十分ですので、そんなに攻めないかなと思います」

――メンバーが大幅に変更となったということもあり、日本代表の連係面といったあたりは少し不安要素になってくるでしょうか

「それはそうかもしれませんが、きょうの11人は結構モチベーションが高いと思います。今までにこの大会であまり出る機会がない選手なので、森保監督にアピールしたいですね」

――試合が始まりました。立ち上がりは注目ですね

「その通りです。まずはディフェンスの組織をキープして、攻めるときにはウズベキスタンの背後に入らないといけないということが一番大事です」

「前半、試合のテンポはそんなに高くない…」

――日本は立ち上がり、伊東純也のいる右サイドからチャンスを作っています。今日はここが一つのポイントになるのでしょうか

「はい、そうです。伊東と乾は少し似てるタイプなので、彼らは今日の攻撃のカギになると思います。二人とも期待したいですね」

――前半も30分が経過しました。ここまで日本もウズベキスタンもシュートまで持っていくシーンはあまり多くないですね

「ここまでは試合が始まる前の予想通りという感じですよね。両チームは既に勝ち上がってるので、試合のテンポはそんなに高くない…。でも、日本は良いサッカーをしてるので、ハーフタイムの前にチャンスがくるかなと思います」

――しかし、前半40分、ウズベキスタンに先制ゴールを奪われました。一人でゴールまで持っていかれましたね…

「やっぱり、ウズベキスタンのカウンターだからね…。まだリプレイ見てないけど、少し簡単過ぎたかなという印象でした…」

――43分、武藤嘉紀が決め、同点に追いつきました!

「うわ! ナイス・フィニッシュ! 室屋(成)の突破は良かったし、武藤の動きも冷静さは良かったです。ハーフタイムの前にチャンスが来たね!(笑)。でも、残念ながらその前に失点してしまいました…」

――前半が終了しました。45分間を振り返っていかがでしょうか

「全体的に良かったと思います。失点シーンも北川(航也)選手のミスは残念でしたが、それ以外、日本はほぼ主導権を握ってたと思います」

――日本はサイドから良い形で崩せるシーンも多かったように思います。後半で修正するポイントがあるとすればどんな部分ですか

「とりあえずこのまま続ければ良いかなと思います。ボール回しは良かったし、ウズベキスタンの裏に突破することも何回か出来たから。ただ、ディフェンスはより固めなければなりません」

「伊東は攻撃も守備も100%。だから森保監督は好き」

――53分、日本はピンチを迎えましたが、伊東の体を張ったディフェンスは見事でしたね。そして直後には惜しいシュートも放ちました。攻守両面で存在感を放っていますね

「そうですね。彼はディフェンスも攻撃も常に100パーセントを出すタイプ。だからこそ森安監督が好きかな」

――58分、塩谷司のミドルシュートが決まり、日本が逆転です!

「あれはね…何って言えば良いかな!? 凄かった!」

――いい流れを切らさずに逆転ゴール。これはかなり大きい一点になったのではないでしょうか

「そうですね。日本はまだゲームコントロールしている間に逆転を奪えたのは非常に重要な事です。でも、まだ終わってないので、追加点も欲しいですね」

――後半も30分を迎えますが、ここまでの印象はどうでしょうか

「日本はまだ主導権を握ってますね。でも、ウズベキスタンは最後の15分で結構プレッシャーをかけるはずなのでディフェンスが集中切らさずにプレーして欲しい」

――80分、乾に代え、原口元気が入ります。今日の乾をショーンさんはどう評価しますか

「乾選手は良い仕事したね。彼はいつも一つのパッシングオプションになって、ピッチを広げた」

――81分、北川にビッグチャンスが訪れましたが、外してしまいました…

「それもビッグチャンスでしたね。彼が自信がなくならないようにすぐ得点して欲しいですね」

「武藤の同点弾は試合のターニングポイント」

――84分、同点弾を挙げた武藤が下がります。今日の武藤は大仕事を果たしたといっても良いでしょうか

「武藤は良かったですね。あのタイミングで同点に出来たのは試合のターニングポイントだったと思います」

――試合が終了しました。日本は首位で決勝トーナメントに進出することが決定です。試合全体を振り返っていかがでしたでしょうか

「良い試合だったと思います。日本はほぼゲームコントロールを出来て、良いチャンスも結構作りました」

――日本は主力選手を休ませた中での勝利。しかもグループ首位通過。これはかなり大きな1勝になったのではないでしょうか

「その通りですね。今日の リザーブメンバーも非常に良いパフォーマンスを見せて、ベストイレブンだけじゃなくてチーム全体で優勝候補だと証明出来たかなと思います」

――グループリーグ3試合を終えての日本代表の評価はいかがでしょうか

「まだベストレベルになってないのに3連勝が出来て非常に良いことだと思う。どんどんコンディションが上がってきてるので、これから楽しみにしてます」

――決勝トーナメントに向け継続していく点、また改善点はどこにあるでしょうか

「継続しなければならないことは攻撃のアグレッションかなと思います。サイド攻撃はどんどん印象的になってきてるので、それを続けて欲しいです。改善点に関しては、守備ですね。今日もカウンターでやられてしまったので、決勝トーナメントでは気をつけなければなりません!」

――本日もありがとうございました! 次のサウジアラビア戦もよろしくお願いいたします!

▽語り手:ショーン・キャロル
1985年イングランド生まれ。2009年に来日。「デイリーヨミウリ」「Jリーグ公式ウェブサイト」などにも寄稿。高校サッカー、Jリーグ、日本代表など幅広く取材している。過去にはスカパーのJリーグ番組出演も。

関連リンク

  • 1/18 5:10
  • フットボールチャンネル

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます