お会計時の振る舞いで分かる!? モテる女性とモテない女性の違い4つ

拡大画像を見る

彼と食事を終え、いざお会計へ。 彼が一生懸命、お財布からお金をだそうとしているのに、満腹になったお腹をさすりながら「私には関係ないわ」と、自分勝手な振る舞いをしていませんか? モテる女性は、いつどんなときも気を緩ませません。細かい部分まで丁寧に対応するから、周りが放っておかないんです。 今回は、お会計時の行動で分かる「モテる女性とモテない女性の違い」をご紹介します。

モテる女性「お店をでた後に必ず財布をだし『大丈夫ですか?』と確認をする」


Monet/stock.adobe.com

モテる女性は、それなりにデートを重ねてきています。

「俺が払いますから」と男性が言っていても、財布をださないと機嫌が悪くなるのをよく知っているのです。

お会計が無事に終わった後も、必ず財布を鞄から取り出し「お支払い、大丈夫ですか?」と確認をとります。


彼も確認をいれてもらえれば、それだけで満足。

何事もなかったかのように財布をださない人に対しては、むしろ怒りに近い感情を抱くでしょう。


モテたいなら、細かい部分まで配慮をすることが大前提です♡


モテる女性#2「事前に手土産を用意している」


Syda Productions/stock.adobe.com

モテる女性は、ただ支払わなくても大丈夫なのかどうかを確認するだけではなく、手土産も用意しています。

デートをする以上、男性が支払うというのは想定内のこと。

つまり、なにかしらのお礼を用意する時間はデート直前までいくらでもあったことになります。


何も渡さずに「ありがとうございました」とだけ言うのは、少し配慮が足りないでしょう。

彼との関係を、これからも続けていきたいなら、ちゃんと手土産を用意しておかなければ。


高いものを用意する必要はありません。

あくまでも彼が疲れたときに糖分を摂取できるように、お菓子を揃えておくくらいで十分です。


手土産を渡しながらお礼を伝えれば、あなたの印象もさらにアップします。


モテない女性「財布もださないし、ありがとうも言わない」


abelena/stock.adobe.com

モテない女性は、きっと心のどこかで「男性が払って当たり前」とか「デートをしてあげているのは私だし」と、自分勝手な発想に至っています。

彼がお会計を済ませても「ありがとう」も言わずに、そのまままた別の場所へ……。


さすがに彼も「ありがとうさえ言わないのか」と、がっかりしちゃいます。

そもそも女性側も財布をだすのがマナーですが、せめて「ありがとう」くらいは言える、大人な女性であってほしい!


モテない女性#2「店員さんの目の前で割り勘にしようと提案する」


metamorworks/stock.adobe.com

モテない女性は男性に対し、配慮ができないからこそ彼女として認めてもらえないんです。


たとえば、お会計は割り勘にすべきと思っていても、店員さんの目の前で「私も払いますよ」としつこく彼に伝えるのは、かえって逆効果なのです。

彼としては、たとえ後で割り勘にするとしても、店員さんの前では「俺が払います」と、男らしい素振りをしていたい。

しかし、モテない女性は、そんな彼の繊細な心を読まずに「私だって払うよ~!」と、空気を一瞬にして壊してしまうのです。


彼を一人の男性として立ててあげることが大事。

割り勘にするのは、お店をでた後でも十分間に合います。



お会計時にいかにスマートに振る舞えるかで、女性の中身も彼にバレてしまいます。

彼に払ってもらって当たり前、ではなく、必ず「ありがとう」と伝えること。恋がなかなか進まないなら、デート中の会計時の行動を見直しましょう♡

関連リンク

  • 1/17 23:00
  • myreco

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます