Amazon発送センターの女子トイレで新生児の遺体見つかる(米)

拡大画像を見る

1月16日の午後8時半頃、アリゾナ州フェニックスにあるAmazon配送センターから通報を受けてフェニックス警察が駆けつけたところ、袋に入れられた新生児の遺体を発見した。

新生児は配送センター内にある女性トイレのゴミ箱の中に袋に入った状態で捨てられていたようで、警察や消防署が到着した時には既に蘇生処置が手遅れの状態だった。その後、消防署が新生児の死亡を確認した。

現段階では新生児の死についての詳細が明らかになっておらず、フェニックス警察は捜査を続行している。現在、配送センターの周りには黄色い規制テープが張り巡らされているが、現場での捜査が続けられている間も倉庫内では引き続き作業が行われていることを警察は明かした。なお、Amazon側は「警察の捜査に協力している」という声明文を発表している。

画像は『FOX 10 Phoenix 2019年1月16日付「Newborn baby found dead inside women’s restroom at Amazon fulfillment center in Phoenix」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

関連リンク

  • 1/17 21:58
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます