トヨタ「プリウス」に三菱「デリカD:5」…残念な“顔”のクルマ増加の深刻な理由

拡大画像を見る

 間もなく発売予定の三菱自動車「デリカD:5」が結構な話題だ。12年ぶりというマイナーチェンジにも驚きだけど、超ド派手に激変した「顔」がスゴイことになっている。

 道具感溢れるボディのD:5は、機能的でとてもまとまりのいいスタイルだった。それが一転、悪趣味の限りを尽くしたようなギラギラ顔になったのは、「ダイナミック・シールド」と呼ばれる独自のデザイン言語の反映にあるらしい。

 たとえば、パジェロの強靱なバンパーやランサーエボリューションの攻撃的なグリルなど、同社を代表するクルマの特徴をとらえて自車のヘリテージ(遺産)とし、新たなデザイン展開をするという現デザイン本部長の提案だ。

「シールド=盾」の名前のとおり、実際、最近の三菱車のフロントは厳つい表情が多く、その流れがD:5にも波及した格好。けれども、そもそもD:5のボディに盾は必要だったのか?

 で、最近この手の「デザイン言語」的なものがちょっとしたブームになっていて、トヨタ自動車の「キーンルック」、ホンダの「ソリッド・ウイングフェイス」、日産自動車の「Vモーション」など、「顔」をテーマにしたものだけでも実にさまざま。そして、なかにはD:5同様の残念な案件が少なくなかったりする。

 たとえばトヨタ。上下左右に引き延ばしたランプやアッパーグリル、「アンダープライオリティ」と称する大口を開けたアンダーグリルの組み合わせが「キーンルック」で、やっぱり同社のデザイン担当役員が提案したもの。

 この「キーンルック」による最近の残念案件といえば、やっぱりプリウスかと。アッと驚く縦長ランプの顔がどうにも不評、昨年末に大幅な手術を受けて「ふつう」の顔に近づいたのは、読者の皆さんもご存じだろう。

●言語を採用したこと自体が重要視される状況

 今、なぜこんなことになっているかといえば、そうしたデザイン言語の多くが短絡的で魅力がないうえ、クルマ全体の造形云々より、その言語を「採用」したこと自体が重要視されるという、実にトンチンカンな状況にあるからだ。

 厄介なのは、この手の言語にはコンセプトらしきものが掲げられており、実にそれらしかったりすること。だから、担当デザイナーに話を聞いても「この形にはコレコレの理由があって……」などと、理路整然としていて破綻がない。ところが、肝心のクルマを見ると「アレレ?」という本末転倒状態なのだ。

 もちろん、デザインには「意図」や「狙い」が必須だ。けれども、それは滔々(とうとう)と説明できるから優れている、ということじゃない。

 たとえば、ダイハツ・ブーンのデザインテーマ(モチーフ)は「六角形」で、実際に内外装の随所に六角形が施されている。担当デザイナー氏もそれを嬉々として語り、その説明に破綻はない。ところが、ブーンのスタイルと来たら……という具合。

 けれども、だ。多くの自動車メディアでは「今度の三菱アウトランダーはダイナミック・シールドが採用されているので、実にスタイリッシュ」なんてことが平気で書かれている始末。まさに、言語のひとり歩き状態。

 欧米ではデザイナーの転職はごく一般的で、各社間で才能の交流が進んでいる一方、基本終身雇用の国産メーカーはデザイン責任者も社内人事の都合で決まる。しかも、デザイン業務のインハウス化が進んで、外注もすっかり減った。そこで昇任した責任者がおかしな提案を――と僕は考えている。

 1980~90年代の日本車が、メーカーの色を出しつつも個性に富んでいたといわれるのは、グッドデザインに対してニュートラルな姿勢があったからじゃないか? つまり、優秀なデザイナーが、より自由に力を発揮できていたと思えるのである。
(文=すぎもと たかよし/サラリーマン自動車ライター)

  • 1/17 20:00
  • Business Journal

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • マサト

    1/22 0:59

    愛好者の多いミニ。 露骨にパクる軽自動車もある程に人気のあるスタイルだけれど実はミニにデザイナーは居ない。 設計者のイシゴニスが大衆車としてのミニを突き詰めた結果。 或ることに特化したものが芸術的な美しさを得るのと同じかもしれない。 例えば人を斬ることをのみを追求した日本刀が美しいように。 ピニンファリーナが、イシゴニスが正しいとかって話じゃなく、美しくない時点でその物作りは失敗なのかもしれない。

  • マサト

    1/21 19:06

    ピニンファリーナはフェラーリのデザインで有名だけど、日本車でも素晴らしい作品を届けてくれた。 カウンタックのデザインのガンディーニ、ムルシエラゴやガヤルドを手掛けたドンカーヴォルゲ、美しいガルウイングのメルセデス300SLをデザインしたフリードリッヒ・ガイガー、そうだアヴェンタドールのフィリッポ・ペリーニも忘れちゃいけない。 名車は総じて美しいよ。

  • 昭和の車はメーカー問わずほとんどが丸い4灯ライトがベースになっているのに個性的でカッコいい車がたくさんあったね!

記事の無断転載を禁じます