【東京】泊まれる本屋さんって知ってる?寒い冬にもぴったりなスポット♪

拡大画像を見る

池袋の話題のスポット、”泊まれる本屋”「BOOK AND BED」に今回筆者は潜入!全国に展開しつつある「BOOK AND BED」の人気の秘密を探りました♪知る人ぞ知る池袋の”泊まれる本屋”の魅力を徹底的にご紹介したいと思います♡


【池袋x泊まれる本屋】魅力1. コンセプトはまさに“泊まれる本屋”



「BOOK AND BED(ブック アンド ベッド)」のコンセプトは”泊まれる本屋”。すごく斬新で、面白いコンセプトだと思いませんか?
最高の”寝る瞬間”とは、「好きなことをしていたら、いつのまにか寝てしまった」といういわゆる「寝落ち」です。夜遅くまで読書や映画観賞をしていたら、うっかり寝てしまった…。なんてことをみなさんも一度は体験したことがあると思います。よく考えてみれば、それは最高の”寝る瞬間”ではないでしょうか?そんな「寝落ち」の幸せを、存分に体験できるのが「BOOK AND BED」です♪


【池袋x泊まれる本屋】魅力2. 扉を開けると、そこは別世界♪



館内はとてもおしゃれで居心地が抜群。魅力的な空間作りには、内装の細かい部分にまでこだわりを感じます◎筆者自身、初めて体験する空気感に心を奪われました。


【池袋x泊まれる本屋】魅力3.本を片手にコーヒーを飲めば至福の時間…♡



オーブントースターや食器類が用意されているため簡単な調理ができたり、フロントでコーヒーやビールを購入することも可能です。本を読みながらコーヒーやビールで一服…。至福のひとときですよね◎
「BOOK AND BED TOKYO」には約3200種類(最大で約5000冊収納)の本が、幅広いジャンルで揃えられています。本棚を眺めているだけでも楽しく、筆者は色んな本を手にとりながら本棚の前をずっとうろうろしていました(笑)


<スポット情報>
BOOK AND BED TOKYO 池袋本店
住所: 東京都豊島区西池袋1-17-7 ルミエールビル7F
電話: 03-6914-2914

関連リンク

  • 1/17 17:01
  • aumo

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます