藤田ニコル、西野カナ休養宣言へのツイートで改めて注目された「性格」とは?

拡大画像を見る

 人気歌手の西野カナが突如の無期限活動休止を宣言したのは去る1月8日のことだったが、西野と対照的な性格が出たのが、タレントの藤田ニコルだ。

「最高の20代を過ごすことができました」「期限を決めずに色々と挑戦したい」「またいつか皆さんの前で歌える日が来るまで」と、活動休止への経緯と思いを明かした西野。これにネット上には「ショックで何も考えられない」「発表を見てから涙が止まらない」とショックの声が相次いだが、中でも注目を浴びたのが、ニコルのツイート。

 ニコルは「西野カナさんのライブ中学生の頃よく行ってました」と思いを寄せたうえで芸能界の自分の立ち位置に照らし合わせ、「バラエティやモデルで休んだりしたら、自分の場合戻って来る頃には自分の席なんてないと思うし」と、仕事の不安と楽しさを語った。

「これに《仕事に対する向き合い方がかっこいい》《そのストイックさが好き》《にこるんの代わりなどいない》といった声が多くあがりました。デビューは西野が08年、ニコルが09年とほぼ同時期だけに、ジャンルは違えども、芸能界に対する考え方の違いが浮き彫りになったわけですが、ニコルの言うように、アーティストであれ、一度離れれば自分の席が残っている保証などない。マジメな姿勢と堅実な性格がうかがえるツイートでした」(芸能ライター)

 最終的に芸能界に生き残っているのはどちらか?

関連リンク

  • 1/17 9:59
  • アサ芸プラス

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

4
  • フランシン

    1/17 23:12

    にこるんはモデルさんに全く興味ない私が見てしまうモデルさんなんだけどな〜。。ちょっと他の、キレイなだけのモデルと色が違うように感じてるのだけど、、そうでもない?でも、少し心のお洗濯したらいいのにと、最近の目の色見ながらぼんやり思う。数ヶ月くらいリフレッシュしたらきっともっといいのにと、思ってるよ。

  • 快盗百面相

    1/17 12:39

    タレントと違って、創作者っていうのは作品を生み出すのに心身ともに削られるもの。歌を作ってる最中は缶詰状態にもなる。みんなが思ってるより大変なものだ。休業したら席がなくなるって考えた芸能ライタークソだと思うけど。まあその芸能ライターが消えても代えはいくらでもいるけどな。しかしアーティストは代えができないんだよ。

  • エッコ

    1/17 12:27

    にこるん、あんま信用してないけどね。「負けたら全員分奢る」ってゲームを自分で提案して皆を強制参加させたのに、自分が負けたら急にタダこねて泣き真似までして拒否した、とか。自分が提案したにもかかわらず損すると急に態度変えるとかけっこう信用出来ないくて怖い。悪い娘じゃないとは思うけど。

記事の無断転載を禁じます