末期がん治療費を募る女性に「金を乞うのは止めろ」と書かれたカード届く(英)

拡大画像を見る

英ノッティンガムシャー州レットフォードに住む消防士カレン・ランドさん(40歳)は、患っていたトリプルネガティブ乳がんが寛解になった何週間か後の2018年8月、進行性の早い2つの脳腫瘍があると診断された。その後カレンさんは検査や治療を受けてきたが、昨年10月4日にがんは両肺と胸の真ん中にあるリンパ節にもあることが発覚した。最初の段階では異なる化学療法が効いていたが、最近の治療では効果が出ず、もしこのまま治療を続けなければ、カレンさんにはわずか8週間ほどの余命しか残されていないという。

末っ子がまだ7歳という5人の子供を持つカレンさんは、イギリス国内では不可能な免疫療法をドイツで受けることをNHS(英国民保健サービス)から勧められた。そこでカレンさんは、自らクラウドファンディングサイト『JustGiving(ジャストギビング)』にアカウントを設置し、海外での多額の治療費のために寄付を呼びかけた。

ところがそんな中、カレンさんに思わぬ出来事が起こった。1月12日、郵便受けに1通のカードが投函されたのだ。カードの表には「thinking of you(あなたのことを思っています)」と印字されてあり、差出人がわからないままカレンさんがカードの中を開くと、驚くべきメッセージが目に飛び込んできた。

「金を乞うのは止めろ! なぜ、人から簡単に資金を調達しようとする!? 寄付金の呼びかけにはもううんざり。もしあんたの病気が治らなかったら、その金はどうなるんだ!」

カレンさんは自分のことを知っている誰かが送ってきたのかと封筒を見たが、切手が貼られておらず、送り主が誰なのか全く予想がつかなかった。カードを送った人物は、直接カレンさん宅の郵便受けに投函したようだ。

「末期がんと闘う状況の人にこんなことをしてくる誰かがいることが、ただもうショックでした。誰かが私の人生に、このような嫌がらせまでして介入しようとしてくることが理解できません。怒りはないですが、話をしたい気持ちがあるし、こういうことをする人を残念に思います。」

その後、カレンさんはFacebookにこの件を投稿。すると多くの励ましの声が寄せられ、温かいサポートに感謝の気持ちを述べている。

「私はがんと闘うことを止めません。精いっぱい闘って前向きな気持ちを持ち続けたいと思っています。こんなことでくよくよしたくはありません。」

現在『JustGiving』のサイトには、目標額3万ポンド(約418万円)に対して7,801ポンド(約109万円)の寄付金が集まっている。

画像は『Karen Land 2019年1月15日付Facebook「Embracing the baldness.」』『Metro 2019年1月14日付「Mum with terminal cancer told to ‘stop begging for money’ in heartless card」(Picture: Karen Land/BPM MEDIA)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

関連リンク

  • 1/16 13:56
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

3
  • 快盗百面相

    1/17 15:14

    イギリスの保険制度のことはなんとも……。ただこんなことするなんて英国紳士の風上にもおけないのでは?

  • ネメシス

    1/17 15:01

    がん保険には入ってないの?

  • 快盗百面相

    1/17 14:56

    あんなことをする輩はろくな人生を送っていないのだろう。病気に負けず一生懸命生きる彼女の姿に僻み心がでたのか。今も批判したそいつは『眩しい生き方一生懸命生きようとする奴は許さないんだぞ!だって俺が惨めじゃないか!みんなボクチンのことをバカにして!ブヒィィィィィィ💢💢💨』とか騒いでますね。

記事の無断転載を禁じます