2月で52歳のキングカズ、今季も現役続行!

拡大画像を見る

三浦和良は若さの源がどこにあるのかを知っている。
「キャプテン翼」にもインスピレーションを与えたこのストライカーは横浜FCとの契約を1年間更新した事を発表した。

コンディションを保つために冷蔵庫で眠っていたに違いないこの男は1986年にブラジルのサントスでプレーし、エリートの仲間入りを果たした。

その後、イタリアのジェノアやクロアチアのディナモ・ザグレブなど様々なクラブを渡り歩いた三浦は母国の日本でプレーを続け、サッカー史上最年長ゴールを記録したプロサッカー選手として歴史を築いている。

2012年にはフットサルの日本代表としてもプレーした経験を持つ三浦は今年、プロキャリア34シーズン目を迎える。

関連リンク

  • 1/12 18:50
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます