ロッテ新人が寒空の下で“即席サイン会” 藤原「こういうことも大事にしたい」

拡大画像を見る

ロッテの新人合同自主トレは12日、新人選手研修会(11日)を挟んで、2日目を迎えた。時折、小雪がちらつく寒空の下、ロッテ浦和球場でこの日も新人9選手が、精力的にメニューに取り組んだ。

新人合同自主トレは2日目、ドラ3小島は「今の段階では順調に来ています」

 ロッテの新人合同自主トレは12日、新人選手研修会(11日)を挟んで、2日目を迎えた。時折、小雪がちらつく寒空の下、ロッテ浦和球場でこの日も新人9選手が、精力的にメニューに取り組んだ。

 天候の影響もあって、一部メニューは室内練習場で消化し、15時過ぎに終了。最後のキャッチボールで力強いボールを投げていたドラフト3位・小島和哉投手は「慣れない環境で気疲れする部分もありますが、今の段階では順調に来ています」と安堵の表情を見せた。

 寒空の下、ルーキーたちの姿を一目見ようと待ちわびていたファンのため、急遽予定されていなかったサイン会を開催。ドラフト1位・藤原恭大外野手は「ファンあってのプロ野球なので、こういうことも大事にしていきたい」と、練習終了直後にもかかわらず各ファンの思いに応え、ペンを走らせていた。(岩国誠 / Makoto Iwakuni)

関連リンク

  • 1/12 18:42
  • フルカウント

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます