栃木、ブラジル人の若手2選手を完全移籍で獲得…攻守それぞれで補強

拡大画像を見る

 栃木SCは12日、ECバイーア(ブラジル)からブラジル人DFジョナス、ECヴィトーリア(ブラジル)からブラジル人FWヴィニシウスを完全移籍で獲得したことをクラブ公式HPで発表した。

 ジョナスは1998年2月生まれの現在20歳で、身長は190センチメートル。栃木の公式HPで「栃木SCに加入することができ、大きな喜びと幸せを感じています。チームの一員として栃木のユニフォームを着ることに誇りを感じ、チームメイトと共に最大限の努力を尽くします。そして、このようなチャンスをいただいたことに感謝し、クラブの目標を達成できるよう頑張ります」とコメントしている。

 ヴィニシウスは現在22歳で、CDフェイレンセやCAメトロポリターノなどを経て、ECヴィトーリアでプレーしていた。

 完全移籍にあたり、ヴィニシウスは栃木の公式HPでコメントを発表した。

「栃木SCへの加入は、私のキャリアにとって素晴らしい経験になると思っています。栃木という素晴らしいクラブの目標を達成する為に、一生懸命努力をしていきます。このような機会を与えていただいたクラブに感謝し、ファン・サポーターの皆様に良いパフォーマンスとゴールで喜びを与えられるように頑張ります」

関連リンク

  • 1/12 18:03
  • サッカーキング

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます