北の独裁者の代役、現代韓国に降臨「22年目の記憶」演じることの危険と魅惑

拡大画像を見る

韓国を代表する俳優による、演じることのリスクと素晴らしさに関するプレゼン。金日成の代役という奇抜な題材を扱った『22年目の記憶』は、一言で言うとそういう映画である。

首脳会談のために代役を演じろ! 売れない役者が挑む一世一代の大芝居


1972年、韓国と北朝鮮は南北共同声明を発表し、両国は初の南北首脳会談に臨むことになった。同じ朝鮮半島に位置しているとはいえ、両国は便宜上は戦争中。思想的にも真逆である。そんな2国の首脳が会談するのだから、受け答えも含めて事前に完璧な模擬会談をしておく必要がある。KCIAこと韓国中央情報部は、北朝鮮の指導者である金日成を完璧に演じることのできる代役を探すことを決定した。

キム・ソングンは売れない舞台役者である。幼い息子テシクの面倒を見つつ、いつかセリフのある役を演じたい……。そう願いながらも舞台に出ればセリフが飛び、仕事といえば裏方ばかり。そんなソングンに演劇科の教授ホ・サムウンを通じてオーディションの誘いが来る。張り切って参加したソングンだが、一通りの演技の後は物々しい警備の中を目隠しして移動させられ、多数の兵士からボコボコに殴られ、強烈な拷問にかけられる。ソングンはそれら全てに耐え抜いて見事に選抜され、そしてこのオーディションが「金日成の代役を探す」という目的のために開かれたことを知る。

演技指導のためにサムウンも駆り出され、セリフを考えるため収監されていた左翼の学生も動員される。彼らはソングンに指導を加えるも、ソングンはいまいちな演技しかできなかった。しかしあるとき、金日成の写真から彼の人となりを想像したソングンの中で、何かが変わる。一挙手一投足に至るまで金日成にのめり込み、金日成の体系を再現するため必要以上に食べる日々。そしてソングンは完璧なコピーとなる。しかし代役としての指令は下りず、金日成の人格までコピーしたソングンだけが残されてしまった。

映画の前半戦はポリティカルな要素も多く、「会談のための代役探すだけのなのに、そんな拷問とか必要!?」とびっくりするようなシーンも。しかしKCIA側として登場するオ長官のノリが完全にイカれているので、「あの当時はこれくらい切羽詰まってたんだろうな……」とつい納得。『1987』でのパク所長とか、韓国の政府当局者が悪いとつい嬉しくなってしまう。

そんな悪い政府当局者に半ば騙されて連れてこられつつ、息子のために頑張るソングンを演じるのが名優ソル・ギョングである。最初は完全に人の良さそうなおっさんとして出てくるが、徐々に金日成そのものに変化していき、それにつれて体型も豹変。物理的にでかくなっていく様は圧巻である。しかしそれ以上に、動きや呼吸だけでどんどん存在感が巨大になっていく。ひょろっとした頼りなさそうなおっさんが、次第に独裁者の圧を発するようになるのである。

『22年目の記憶』はこの変化のプロセスを順を追って見せてくれる。髪を似せて服を着ただけでもまだ金日成に似なかったのに、とあるきっかけで動きも話し方も金日成にグイグイ近づいていく。それと同時に、なんだか画面の中のソル・ギョングの見え方がでかくなっていく。もちろん映画なのでそういう効果を狙ったカメラワークや照明の当て方をしているのだが、それでもちょっとびっくりする。さながら、威圧感だけで身長が10mくらいに見えていた『魁!!男塾』の大豪院邪鬼である。ソル・ギョングは、現状宮下あきら作品の登場人物にもっとも近い人類と言っていいだろう。

22年の時を経て語られる、演じることの難しさと楽しさ


映画は後半、22年後の1994年に舞台を移す。息子テシクはマルチ商法で生計を立てる詐欺師になり、ソングンは自分のことを金日成だと思い込んだまま老人ホームで暮らしていた。しかし借金で首が回らなくなったテシクは実家を売り払うため、実印の置き場所を知るソングンとしぶしぶ同居を開始。1994年の韓国の街に、自分を1972年の金日成だと思い込んでいる男が帰ってくることに。

この辺りから『22年目の記憶』は、『帰ってきたヒトラー』を彷彿とさせる雰囲気になる。大きく経済成長を遂げた韓国のスーパーで騒動を起こし、「経済成長のためにヤギを飼え」と息子に命令するソングン。なんとか実印の位置を聞き出したいテシクは、記憶があやふやになっている父の命令に従わなくてはならない。軍事政権下のことなんか誰も気にしていない現代の韓国で、時代に取り残された北の将軍様がドタバタを繰り広げる様は、笑えるけど悲しい。

映画はその後も二転三転し、結末へとたどり着く。ストーリーは父と子のドラマであるが、それと同時にソル・ギョングを使って「演じること」そのものを論じたような趣もある。売れない役者が徐々に金日成と化していく様子を細かく見せ、そのためにどれだけの時間とどのような犠牲が必要であり、そしてそれによって彼は何を得て何を失ったのか。『22年目の記憶』は、それら全てを丁寧に説明していく。それはつまり、演じることそのものが持つリスクと、それに伴う楽しさや素晴らしさの説明だ。

役者というのは必死にやると人格がぶっこわれることもある仕事なのだ……という話を説明する役なんだから、相応以上の技術力を求められるのは当たり前。その役を務めるのに、民主運動家からボケ老人になった殺人犯まで演じられるソル・ギョングはやはり最適だったのだろう。おれのように演技の経験が一切ない人間が見ても、「うわ~役者って大変だけどすげえんだな~!」「演技って怖いけどやめられないんだろうな~!」という気持ちにさせられた。現在の韓国を代表する名優が挑んだ「演じるとはどういうことか」ということの懇切丁寧な説明は、ぜひ一度耳を傾けるだけの価値がある。
(しげる)
【作品データ】
「22年目の記憶」公式サイト
監督 イ・ヘジュン
出演 ソル・ギョング パク・ヘイル ユン・ジェムン イ・ビョンジュン リュ・ヘヨン ほか
1月5日よりシネマート新宿他にてロードショー

STORY
1972年、南北首脳会談に備え、韓国情報部は金日成の代役を用意し、完璧なリハーサルを行おうとする。代役として白羽の矢が立ったのは、売れない舞台役者のキム・ソングン。彼は全力で金日成になりきろうとするが、その過程で徐々に人間性に変化が発生しはじめる

関連リンク

  • 1/11 9:45
  • エキレビ!

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます