10歳少女「母に幸せになってほしい」と遺書を残し自ら命を絶つ(メキシコ)

拡大画像を見る

1月6日、メキシコではスペイン同様キリストにちなんだ伝統的行事が行われる。英語では「Three Kings Day(スリー・キングス・デー)」、スペイン語では「Día de Los Reyes(レジェスマゴス)」、日本語では「三賢者の日」と呼ばれ、クリスマスに生まれたキリストを祝うために東方から3人の賢者が祝いの品を持ってやってくるという説に倣い、メキシコでは人々がプレゼントを交換し合うという慣習だ。特に子供らにとっては、たくさんのプレゼントを貰うことができる特別な日になっているようだ。しかしこの祝いの日に、アグアスカリエンテスで悲劇が起こった。

午後10時18分頃、10歳の少女が自宅で首を吊っているという通報を受け、緊急サービスが駆けつけたところ、既に死亡していた少女のそばには遺書があった。その遺書は、あまりにも悲しい少女の思いが綴られていた。

「親愛なる三賢者さま。私があなたたちに唯一お願いしたいことは、私がいなくなった後、母を世界一幸せな女性にしてあげてほしいということです。私は生まれた時から母の人生に苦しみを与え、台無しにしてきました。父が家を出て行ったのは、私が原因。私が死んだあとは、母に穏やかになってもらって、あまり仕事も頑張り過ぎないようにしてほしい。私は母の幸せを何より望むから、自分の命を絶つことで母に素晴らしいプレゼントをあげようと思います。母はいつも私に『お前なんか生まれてこなければよかった』と言っていました。でも、私は母が大好きだった。ママ、大好きよ。三賢者は本当は存在しないことを知っているけど、私はママに素敵なプレゼントをあげるね。いつか私のことを思い出して、空の上でハグしてほしい。」

わずか10歳の少女が、父親が去ったことは自分が原因だと自責の念に駆られていたことがこの遺書からはうかがえる。しかし、少女の死を知った近隣住民らは「少女は悲しそうにも、問題を抱えているようにも見えなかった」と話しているようだ。地元メディアによると、警察は少女の直接の死因は首吊りによる溢死と断定しているが、死の真相については捜査が続けられており、現在行方がわからなくなっている母親を捜索中とのことだ。

このニュースを知った人からは、「本当に自殺だったとしたらあまりにも悲しい。母に愛されていなかったような遺書が残されているけど、これは悲しすぎる」「子供にとって『お前はいらない子』と言われることがどれほど辛いか…心が折れるニュースだな」「子供をここまで追い詰めたのは母親だよね。酷い」「私も母に同じこと言われて母が大嫌いで育ってきたけど、父がとても可愛がってくれた。父がいたから自分がいる。この少女は本当にかわいそう」「10歳の子供がこんな遺書を残すだろうか。母親が怪しいと思う」といった声があがっている。

画像は『Mirror 2019年1月9日付「Heartbreaking note of 10-year-old girl who ‘killed herself to make mum happy’」(Image: CEN)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

関連リンク

  • 1/11 21:39
  • Techinsight japan

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

9
  • 日本も労働者不足を解消させたいが為だけに産めよ増やせよとのたまうがいろんな手八丁口八丁で補助をつけようが結局親が育てる訳で未熟な大人が子供を持っても何十年も幸福を続けるのは簡単なことではない!労働者も自分が生き延びるので精一杯の低賃金が当たり前になった世の中の犠牲者が増えないことを願うのみです(((・・;)

  • こんな親は(一緒にいた母親も子供を置いて去った父親も)幸せになって欲しくないと思うけど、命を懸けて幸せを願ったこの子の思いを考えると全否定は出来ないな…せめてこの子の残した最後の言葉を見て少しで良いから後悔して欲しい。そう思わずにはいられません。

  • わっちも物心ついた時からよく言われてたよ!挙げ句の果てに自殺もした。失敗したけどね。 経験者から言わせてもらえば、親を心底憎む事は出来ないんだよ!この母親は一生自責の念に囚われ苦しむよ!

記事の無断転載を禁じます