イニエスタ&ビジャ対トーレス 神戸のホーム開幕戦から実現!

拡大画像を見る

Jリーグは11日(金)、2019シーズンの開幕節のカードを発表。注目の開幕戦はセレッソ大阪対ヴィッセル神戸に決定した。

また、そのヴィッセル神戸がホーム開幕節で戦う相手はサガン鳥栖となっており、今季最注目の神戸のホーム開幕初戦からアンドレス・イニエスタ&ダビド・ビジャ対フェルナンド・トーレスの元スペイン代表対決が実現する。同試合は3月2日(土)にノエビアスタジアム神戸で行われる予定だ。

なお、J1リーグ18チームのホーム開幕節のカードは以下の通りとなっている。※左がホームチーム

■第1節
2月22日(金)
・セレッソ大阪 vs ヴィッセル神戸

2月23日(土)
・ベガルタ仙台 vs 浦和レッズ
・鹿島アントラーズ vs 大分トリニータ
・川崎フロンターレ vs FC東京
・湘南ベルマーレ vs 北海道コンサドーレ札幌
・ジュビロ磐田 vs 松本山雅FC
・ガンバ大阪 vs 横浜F・マリノス
・サンフレッチェ広島 vs 清水エスパルス
・サガン鳥栖 vs 名古屋グランパス

■第2節
3月2日(土)
・浦和レッズ vs 北海道コンサドーレ札幌
・横浜F・マリノス vs ベガルタ仙台
・清水エスパルス vs ガンバ大阪
・名古屋グランパス vs セレッソ大阪
・ヴィッセル神戸 vs サガン鳥栖
・大分トリニータ vs 松本山雅FC

■第3節
3月9日(土)
・北海道コンサドーレ札幌 vs 清水エスパルス
・松本山雅FC vs 浦和レッズ
3月10日(日)
・FC東京 vs サガン鳥栖

関連リンク

  • 1/11 21:18
  • SPORT.es

スポンサーリンク

記事の無断転載を禁じます