大島優子、全身アザだらけの姿にファン騒然

拡大画像を見る

 女優の大島優子(30)が1月10日、自身のインスタグラムを更新。全身が傷とアザだらけの姿を披露して、ファンを驚かせた。

 この日のインスタで、大島は「昨夜、無事に初日が開幕されて、きょうは2日目となります」と、現在出演中の舞台『罪と罰』の告知を行った。

 そのコメントと同時に1枚の画像を投稿。赤いドレスをまとった大島の全身には、痛々しい傷やアザがついていた。これは大島が、舞台『罪と罰』で家族のために自分を犠牲にして生きる娼婦ソーニャ役を演じているため。

 大島は「傷、痣だらけのソーニャ」「いってきまーす!」とコメントを残したあと、2日目の公演に臨んだようだ。

 そんな傷だらけの大島の画像を見て、ビックリするファンもいたようだ。インスタにも「優子さんのお姿に驚いた!」「びっくり! ケガかと思った」「本当の大ケガだけは気をつけて」「うわ、傷と痣だらけだね……って舞台の中だからね」「傷痣だらけのソーニャ、美しい」など、さまざまな反響が上がっていた。

 大島優子が出演し、三浦春馬(28)が主演する舞台『罪と罰』は、Bunkamuraシアターコクーンで2月1日まで、その後大阪公演が2月9日から17日まで公演予定だ。

※画像は大島優子のインスタグラムアカウント『@yuk00shima』より

関連リンク

  • 1/11 13:45
  • 日刊大衆

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

2
  • 南 光太郎

    1/12 8:58

    ↓は?朝から何を言ってんの?正気ですか?

  • 洋子

    1/12 8:44

    サブちゃんあんたに怒ったまんまやで。どうする?謝らないかんで。てかほんまにリアルに大怪我させられたらいいねん。

記事の無断転載を禁じます