【東京】出世街道まっしぐら?愛宕神社でパワーを貰おう♪

拡大画像を見る

銀座線「虎ノ門駅」から徒歩8分の場所にある、愛宕神社(あたごじんじゃ)。標高約26メートルの愛宕山の山頂にあります。23区内にある自然地形でできた山の中では比較的高い山で、東京都内にあるとは思えない緑に囲まれた落ち着きのある神社で人々の安らぎの場となっています♪


創建は江戸時代



愛宕神社は1603年(慶長8年)に徳川家康が江戸に幕府を開く際に「防火、防災の守り神」として創建されました。その後、江戸大火災、関東大震災、東京大空襲の度に何度も焼失しましたが、昭和33年に新たに現在の姿に再建されたそうです。


出世の石段とは?



愛宕神社に参拝するには、この長〜い階段を登る必要があります(笑)
この石段は「出世の石段」と呼ばれているんです。

実はこの石段には江戸時代からの言い伝えがあります。江戸三代将軍家光公が愛宕神社の石段の下を通った際に、石段の上に満開に咲いていた梅の木を見て家臣に馬に乗ってとってくるよう命じたが、あまりの急勾配さに誰も動かなかったそう。家光の機嫌がみるみる悪くなってゆく中、一人の家臣の「曲垣平九郎」(まがき へいくろう)という男が馬で見事に上り下りして梅の花をとってきて家光公に献上し、「日本一の馬術の名人」と讃えられその名が1日にして全国に広まったといわれています。そしてその際に、「出世の石段」とも呼ばれるようになったそうです(※"愛宕神社HP"より)♪

こちらは「男坂」と言われていますが、もちろん「急な坂が苦手…」という方のためにも、「女坂」という少し緩やかな階段もあります♪(笑)


石段を登った先には?



急勾配な石段も終わりに近づいてゆくと…、



緑がいっぱいの境内が視界に広がります♪
こちらは「一の鳥居」といい、階段を登って一番に見える鳥居です。


まずは身を清めましょう



一の鳥居をくぐってすぐ左手にある、手水社。
こちらで左手、右手、口、そして左手の順に清めていきます。


そして社殿へ



一の鳥居をまっすぐ進むと見えるのがこの真っ赤な「丹塗りの門」。
自然豊かな緑の中にこの真っ赤な門がとても映えます。




主祭神として「火産霊命(ほむすびのみこと)」別名「カグツチ」という火の神様が祀られています。
古事記ではイザナギとイザナミの間に生まれましたが、火の神様であったため残念なことに生んだイザナミがなくなってしまいます。ですがその後、カグツチ(火産霊命)の命からもたくさんの神々が誕生していきました。八百万の神と言われている日本の神々の数は本当にすごいですね…。


どんなご利益があるの?



ご紹介した通り、「出世の石段」や「火の神様」なのでもちろん「出世」、「防火、防災」に関するご利益がありますが、末社がいくつもありますので嬉しいことに「パソコン関係」、「商売繁盛」、「縁結び」などもご利益があるそうです!
どれか一つでも皆さんのお願いごとに当てはまるのではないでしょうか?♪
御本殿の右手を進むと社務所があるので、そちらで御朱印もいただけます!


あなたも出世の石段に挑戦して見ませんか?♡



いかがでしたでしたか?ビルが立ち並ぶ都会にもこんなに素敵な緑に囲まれた神社があるなんて、知らなかった方も多いのではないでしょうか?
出世したい!!と思っている方!自然に囲まれた神社でゆっくりリラックスしたいと思っている方!近くに行った際は是非参拝して見てください♪


<スポット情報>
愛宕神社
住所: 東京都港区愛宕1-5-3 
電話: 03-3431-0327

関連リンク

  • 3/17 19:59
  • aumo

スポンサーリンク

この記事のみんなのコメント

5
  • マサト

    3/19 21:21

    無職からバイトに出世したいのか。 切実だな。 ファミチキ食いながら歩くなよ( ´,_ゝ`)

  • 無理無理 心配無用だよ~ヒザに水がたまっちゃって登れやしないじゃん あほくさあほくさあほくさ~

  • Libra.Astraia

    3/19 21:04

    ↓来るな!

記事の無断転載を禁じます