台湾美女チア・ラミガールズ いつも笑顔でファンに元気をくれるチューイーさん

拡大画像を見る

今シーズンCPBL(台湾プロ野球リーグ)を制し、2年連続台湾一に輝いたラミゴモンキーズ。日本ハムがポスティングにより交渉権を獲得した王柏融(ワン・ボーロン)外野手が所属していることでも知られており、オフにはロッテと交流試合も行うなど日本との友好関係も深めている。

“代役”のはずがいつの間にか正式メンバーに

 今シーズンCPBL(台湾プロ野球リーグ)を制し、2年連続台湾一に輝いたラミゴモンキーズ。日本ハムがポスティングにより交渉権を獲得した王柏融(ワン・ボーロン)外野手が所属していることでも知られており、オフにはロッテと交流試合も行うなど日本との友好関係も深めている。そのラミゴモンキーズのチア「ラミガールズ」は美女揃いだ。そこで、ラミガールズの素顔を紹介する。

 ラミガールズは、ダンスや歌のオーディションで選ばれ、いかにセクシーにダンスを踊れるかが重要だ。人数は現在21人。学生や一般企業で働いているラミガールズもいる。応募の条件はなく、かわいく元気があれば年齢制限もないが、ラミガールズの年齢は非公開。任期も決められていないが、結婚したら引退しなければならない。

 4人目に紹介するのは、チューイー(Chuyi)さんだ。台湾の首都、台北出身でラミガールズ6年目。もともとダンサーだったが、ラミガールズに参加できなくなったメンバーの代わりに参加していたところ、いつの間にか正式メンバーになっていたそうだ。

 ラミガールズのメンバーのリンシャオルー(Yashiuan Lin)さんとは、同じ大学のヒップホップサークル出身で当時から大の仲良し。リンシャオルーさんをラミガールズに誘ったのもチューイーさんだ。そんなチューイーさんのトレードマークは「スマイル」。笑顔でみんなに元気を与えたいと思っており、常に笑顔でいることを心がけているそうだ。その笑顔を見せながら、日本からラミガールズに会うため台湾を訪れるファンがいることがとてもうれしいと話す。

「日本からも試合を見に来てくれるので、日本のファンの方を近く感じられてうれしいです。金曜日にわざわざ飛行機で台湾まで試合を見に来てくれるファンの方もいます。試合がなくてもイベントに来て声をかけてくれる方もいるので、感動しています」

球団同士の交流があるロッテを応援、李杜軒の妹もラミガールズに在籍

 チーム内で注目しているのは林泓育(リン・ホンユー)捕手。また、日本の野球にも興味を持っており、交流のあるロッテを応援しているという。

「林選手は、昔スランプがありましたが、それを克服して活躍しているので日本のファンの方にも注目して欲しいです。日台交流も行っているので、日本の野球にも興味があります。球団同士の交流がある日ハムやロッテを応援しています。特にロッテは応援交換も行っており、ラミゴがロッテのチャンステーマを使用しているので、親近感があります。また、ラミガールズにはロッテの李杜軒選手の妹、ヤーシュエン(Li Yaxuan)さんもいるので、お兄さんの活躍にも注目しています」

 チューイーさんは日本のファンに「いつもラミガールズを応援してくれて、うれしく思います。今後も日本のファンの方とお会いできるのを楽しみにしています」とメッセージを送った。(篠崎有理枝 / Yurie Shinozaki)

関連リンク

  • 12/7 20:58
  • フルカウント

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます