「おっさんずラブ映画化だお」田中圭、笑顔のVサインにファン歓喜

拡大画像を見る

 12月7日、ドラマ『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)のインスタグラム公式アカウントが更新。同ドラマの映画化決定を発表し、多くのファンを歓喜させた。

 この映画化決定を伝える投稿では「2019年夏、はるたん達が帰ってくる」と、来夏公開予定であることを報告。さらに「キャストは全員続投」「物語は連続ドラマの続編です」と、同ドラマファンにとって、うれしい情報が次々と告知された。

 その投稿とともに、主演の田中圭(34)が「おっさんずラブ映画化だお」と書かれたくす玉を持ち、笑顔でVサインする画像を投稿。多くのファンが待ち望んでいた映画化を祝福する、記念すべき1枚となった。

 そんなビッグな告知に、同ドラマのファンから「楽しみすぎます! 超うれしい!」「待ってました~、絶対見ます!」「スペシャルじゃなくてまさかの映画化ー!」「来年の夏はやばいですね~」「キャスト変更なしが一番うれしい!」など、早くも期待を寄せるコメントが殺到した。

 ドラマ『おっさんずラブ』は、田中演じるサラリーマンの春田創一と、その後輩の牧凌太(林遣都/28)、そして部長の黒澤武蔵(吉田鋼太郎/59)による三角関係を描いた斬新なストーリーが大ウケ。2018年6月にドラマ最終回を迎えると、熱烈なファンの間で“おっさんずロス”を巻き起こしたほどの超話題作だった。

 2019年の夏は、再びピュアなラブストーリーの話題で盛り上がること間違いなしだ!

※画像は『おっさんずラブ』番組公式インスタグラムアカウント『ossanslove』より

関連リンク

  • 12/7 14:45
  • 日刊大衆

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます