12/7(金)から開催!今年の【神戸ルミナリエ】は、過去最多の51万個のLED電球がきらめく♪

拡大画像を見る

阪神・淡路大震災が発生した1995年に初めて開催された「神戸ルミナリエ」は、今年で24回目の開催。そんな今年は、2018年12月7日(金)〜16日(日)にかけて、神戸市の中心部である旧外国人居留地の仲町通りや東遊園地などに、過去最多となる約51万個のLED電球を使用したイタリア製の電飾作品が登場します。 神戸の冬の風物詩となった「神戸ルミナリエ」が、だんだんと寒くなってきた神戸の街を盛り上げてくれますよ。

神戸の冬の風物詩「神戸ルミナリエ」が今年も開催!


leungchopan/Shutterstock.com

神戸を中心とした関西圏の皆さんには、既におなじみとなっている「神戸ルミナリエ」。今年も旧外国人居留地や東遊園地のエリアで開催します。
キラキラと輝く作品がたくさん見られ、その作品はスケールも大きく圧巻されます。今年初めて見られる方も、毎年見ている方も楽しめる作品たちが見られますよ。


開催期間
 2018年12月7日(金)〜12月16日(日)の10日間
点灯時間
 月曜日〜木曜日…18:00頃〜21:30
 金曜日…18:00頃〜22:00
 土曜日…17:00頃〜22:00
 日曜日…17:00頃〜21:30


※混雑状況により、点灯時間を繰り上げることがあります。
 特に、土日は、薄暮状況での点灯となる可能性があります。
※荒天の場合は、点灯を見合わせることがあります。


今年の作品テーマは『共に創ろう、新しい幸せの光を』


「神戸ルミナリエ」で見られる作品では、毎年テーマにあわせてアートディレクターがデザイン。そのデザインにあわせた部材をイタリアのルミナリエで使った部材の中から調達したり、新たに制作したりして仕上げられています。


今年の作品テーマは『共に創ろう、新しい幸せの光を』で、東京在住のイタリア人ディレクター ダニエル・モンテベルデ氏指揮のもと、南イタリア・プーリアの制作会社などが参加し、イタリアから13名、神戸市から4名のスタッフで約1ヶ月かけて制作された作品たちが並びます。


仲町通りの作品

神戸ルミナリエ

旧外国人居留地の仲町通りの作品は、昨年と同じく起点が浪花町筋交差点となります。作品の総延長は約270mあります。
ここでは、玄関作品の「フロントーネ」から京町筋交差点までの約50mにわたり天井作品の「ガレ リア・コペルタ」が見られます。その後仲町通りの終点までは「ガレリア」が明るく鮮やかな回廊として続きます。


噴水広場の作品

神戸ルミナリエ

東遊園地の南側に位置する噴水広場には、円形状の「スパッリエーラ」を配置。音楽に合わせて光が躍動し、夢のような楽しい会場を演出します。


東遊園地の作品

神戸ルミナリエ

仲町通りを通り抜けて到達する東遊園地には、4本の塔を有する光の壁掛け「スパッリエーラ」と光の聖堂「カッサ・アルモニカ」が芝生広場を包むように設置。これらは兵庫五国をイメージしています。


記念作品の設置

神戸ルミナリエ

兵庫県政150周年の記念作品が東遊園地内の要所に設置。


神戸ルミナリエ

2019年ラグビーワールドカップ開催記念作品です。こちらも東遊園地の要所に設置されます。


公式グッズやJR西日本のコラボグッズで開催支援もできる!


神戸ルミナリエ 公式グッズ

「神戸ルミナリエ」の開催費用は、地元をはじめとする企業・団体からの寄付金(協賛金)と行政からの補助金、来場者や市民からの寄付で成り立っています。
「神戸ルミナリエ」を継続的に開催していくために、”来場者に広く支えていただく”趣旨で、来場者に”一人100円”の寄付協力を呼びかけているとのことですが、公式グッズやJR西日本とのコラボグッズの購入でも協力ができますよ。


グッズはたくさんありますが、その中からいくつかピックアップしてご紹介します。


ピンバッジ

神戸ルミナリエ 公式グッズ

<商品>

2018ピンバッジ /600円(税込)


神戸ルミナリエの作品を思い出させてくれるデザインが施されたピンバッジです。2018年と「KOBE ルミナリエ」の文字が入っていますよ。

作品が描かれている部分などがゴールドなので、作品のきらびやかさがピンバッジからも伝わりますね。


ブックマーク


神戸ルミナリエ 公式グッズ

<商品>
2018ブックマーク /600円(税込)


こちらも神戸ルミナリエの作品をモチーフにしたデザインとなっているブックマーク。本をよく読む方や日記などでブックマークを使う方にぴったりですね。


マグネット付アクリルクリップ


神戸ルミナリエ 公式グッズ

<商品>
マグネット付アクリルクリップ2個セット /600円(税込)


2018年の作品CGを使用したマグネット付アクリルクリップです。裏側はマグネットがついたクリップになっていて、クリップに紙を挟んだり、マグネットで貼り付けられたりとどちらも対応できるスグレモノ。

マグネットはA4サイズの紙で5枚の磁力です。
 

JR西日本とのコラボグッズも、ICカードケースやクリアファイルなど、実用的なアイテムが販売されます。

公式グッズやJR西日本とのコラボグッズを購入すると、売上の一部が開催費用の一部に充てられるのですが、会場だけでなくオンラインショッピングもありますので、「神戸ルミナリエ」に来られない方も気になったアイテムを購入できますよ。



今年で24回目を迎える「神戸ルミナリエ」は、12月7日(金)から始まります。
1995年に発生した阪神・淡路大震災の犠牲者への鎮魂などの意を込められて始まったものですが、今では毎年数百万人が訪れる神戸の冬の風物詩となりました。
ぜひ、今年も「神戸ルミナリエ」の輝きを見に行ってみてはいかがでしょうか。

関連リンク

  • 12/7 9:18
  • myreco

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます