J3群馬、37歳のMF松下裕樹との契約満了を発表…J通算481試合に出場

拡大画像を見る

 ザスパクサツ群馬は7日、MF松下裕樹との契約満了に伴い、来季の契約を更新しないことが決まったと発表した。

 松下は1981年生まれの37歳。前橋育英高校出身で、2000年にサンフレッチェ広島へ加入すると、2003年には同クラブのJ1昇格に貢献した。その後アビスパ福岡や川崎フロンターレを経て2007年にザスパクサツ群馬(当時ザスパ草津)に加入。5シーズンを過ごした。そして2013年に1シーズンだけ横浜FCに加入したが、2015年にはザスパクサツ群馬に復帰。2016年9月25日には史上6人目となるJ2通算400試合出場を達成した。

 なお、現在Jリーグは通算481試合出場を記録。J1では23試合、J2では441試合、J3では17試合に出場している。

 契約満了にあたり、同選手は以下のようにコメントしている。

「J2復帰出来ず、申し訳ありませんでした。そして、10年間ありがとうございました」

「今はまだ言葉にできない10年間の想いがありますが、今後についてしっかりと考えていき、改めてご報告させていただきたいと思います」

「これからもザスパクサツ群馬をよろしくお願いします。今まで本当にありがとうございました」

関連リンク

  • 12/7 8:43
  • サッカーキング

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます