【保存版】ノストラダムスの「まだ実現していない9の予言」が恐すぎる! 第三次世界大戦、大地震、人類滅亡… 絶望的未来がズラリ

拡大画像を見る

 16世紀フランスの大予言者・ノストラダムス。ナポレオンの敗北やヒトラーの出現、ケネディ兄弟の暗殺や、最近では9.11アメリカ同時多発テロ、トランプ大統領の誕生など歴史上数多くの悲劇的な事件や出来事を予言し、的中させてきたが、実はまだまだ未実現の予言がいくつもあるのだ。英紙「Express」(12月5日付)を参考にこれから実現するかもしれないノストラダムスの恐ろしい予言を見ていこう。


●ゾンビ

 ノストラダムスによると、墓場から死者が蘇り、殺戮を繰り広げるという。その時期は2007年とも71世紀とも言われているが……。

【その他の画像はコチラ→https://tocana.jp/2018/12/post_19004_entry.html】

 だが、ゾンビ出現に対する危機感は年々高まっている。2016年にはアメリカ疾病予防管理センターが、「ゾンビパンデミック」という小冊子を発行、もし『バイオハザード』や『ウォーキングデッド』のような世界になった場合に取るべき行動が示されている。


●40年の洪水と40年の干ばつ

 ノストラダムスは地球環境が劇的に変化すると予言しており、40年の洪水と40年の干ばつが起こるという。

 現状、地球環境が劇的に変化していることは事実である。また、地球温暖化により2050年~2099年の間に北アメリカで大干ばつが起こるリスクは98%だとも試算されている。


●ペルシアとマケドニアの戦争

 ペルシアは現在のイランのことだろう。マケドニアは東欧のマケドニア共和国を指している可能性もあるが、ギリシア北方にあった古代マケドニアのことかもしれない。いずれにしろ、イランが現在のマケドニア共和国やギリシアと戦争を開始する気配は微塵もないが、遠い未来で両国の関係が悪化していくのかもしれない。


●壊滅的な地震

 ノストラダムスは大地震の発生を予言しているが、その時期が明確には明かされていない。だが、場所は北アメリカだと言われており、ここ最近活発な地震活動を見せている米イエローストーン国立公園が最有力候補として挙がっている。


●西洋の衰退

 現代に照らして考えれば、西洋の衰退とはアメリカの衰退と考えられるだろう。そして、代わって世界一の超大国となるのは、東洋の中国だ。


●第三次世界大戦

 ノストラダムスの予言でも「第三次世界大戦の勃発」ほど多様な解釈を生んだものはないだろう。1980年代には1994年に勃発し、1999年まで続くと言われ、2000年代に入ってからは、平和な時代の57年後、つまり第二次世界大戦が終結した1945年から57年後である2002年に始まると言われた。

 超能力者のホラシオ・ヴィレガス氏は、2017年5月13日に第三次世界大戦が勃発すると解釈したが、外れた。


●マビュ(マブ、マブス)

 マビュはノストラダムスの予言書に登場する世界の終わりに関与するキャラクターだ。ノストラダムスによると、彗星の到来とともにマビュが死に、世界の壊滅が起こるという。


●反キリスト者

 ノストラダムスは3人の反キリスト者が出現すると予言している。どれも権力を持ち、世界に甚大な被害をもたらす存在だ。

 解釈者によると、最初の1人はナポレオン、2人目はヒトラーだという。3人目の最有力候補は、米ドナルド・トランプ大統領だ。


●世界の終わり

1999年、7か月、
空から恐怖の大王が来るだろう、
アングルモワの大王を蘇らせるために。
その前後、マルスは幸運によって統治するだろう。
(百詩篇集 第10巻72番 山津寿丸氏訳)

 最も有名なノストラダムスの予言だが、ご存知のように1999年には何も起こらなかった。ただ、これには解釈の問題も関わってくるだろう。少なくとも、予言がまだ成就していないことは事実である。

 いかがだっただろうか? 近々起こりそうな出来事もあれば、あまり起こらなさそうなものもある。いずれにしろ、どれもあまり当たって欲しくない予言であることは確かだ。
(編集部)


※イメージ画像は、「gettyimages」より

  • 12/7 8:00
  • TOCANA

今日のおすすめ [PR]

記事の無断転載を禁じます